フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法




「転職を希望する前に」

飲食コンサルタントが、長年の経験の中から得たノウハウを基にベストな転職方法を教える「転職の作法」。第一回は、転職を考えたときにもう一度、考え直すべきポイントをQ&A方式で紹介していこう。

Q1 いま、転職しなければならない理由は挙げられますか?

A 転職を希望される方々が掲げる主な転職理由。それは「今の店や会社では出来ないことをやりたい」「家庭の事情で転職せざるを得ない」「頑張っても評価されない」「人間関係のもつれ」「休日が少な過ぎる」などが挙げられます。もちろん、人それぞれ様々な理由で転職を希望しますが、大切なのは転職の理由を自分なりに明確にしてみることです。早まらず、本当に転職する必要があるのか、冷静に考えることも重要と言えます。その上でやはり転職を希望するならば、転職の理由を明確にすることがまずは重要です。面接でもまっさきに聞かれるのがなぜ転職するのか?という点です。もちろん、本当の理由であることに越したことはありませんが、複雑な理由で転職を希望するケースも少なくありません。その際は建前でも結構ですので、自分が転職したい理由を明確することが転職を成功させる一つのポイントと言えます。

Q2 将来の夢は何ですか?

A 「自分の店を持ちたい、独立したい」「飲食店を経営する企業の本部で働きたい」「正社員として飲食店の現場でお客様と接していたい」。フード業界で働く以上、自分なりの夢をもち、日々の生活を送ってほしいものです。目的意識を持ち、それに一歩でも近づくための転職ならば、より理想的な転職を実現できる可能性が高まります。転職を希望する前に、まず自分が描く将来の夢を再度、見つめてみるのも実は重要なポイントと言えるでしょう。

Q3 自分の得意分野はなに?

A 人それぞれ、自分が最も得意とする分野があることは転職の際の最大の武器になるのは間違いありません。自分のウリになる得意分野を明確にすることも成功する転職のためには欠かせません。下記の得意分野チェックリストで、自分の得意分野と希望職種で必要とされる能力があっているかをチェックしてみましょう。

得意分野チェックリスト

Q4 どうやって転職するの?

A フード業界の中でも、特に人材不足なのは飲食店の現場(店舗スタッフ)です。「良い人材が定着しない」「新店をオープンしたいけど、箱(店)は出来上がっているのに働くスタッフが集まらない」「求人広告を出しても応募が少ない」など人事担当者の声をよく耳にします。そんな情報があふれる中、様々な情報ツール使って企業情報を集め自分にあった企業へアプローチしましょう。


(参考)転職の主な情報収集方法と転職までの流れ

転職情報を得るには「人脈による紹介」「雑誌・インターネットの求人情報」「人材紹介会社の活用」の3つが主な方法として挙げられる。それぞれについて、転職までの流れとメリットデメリットを把握しよう。

■A.人脈による紹介
  • 転職の流れ (1)紹介者(推薦者)との話し合い→(2)意思確認→(3)面接
  • メリット→推薦者がいると入社できる確立は高い。面倒な応募の手間が省ける。
  • デメリット→断り難い。辞め難い。
■B.雑誌・インターネットの求人情報
  • 転職の流れ (1)応募問い合わせ→(2)提出書類の作成→(3)応募→(4)面接
  • メリット→紙面にて各社の募集内容を比較しやすい。
  • デメリット→応募が殺到した場合、面接まで辿り着かないケースもある。
    入社後、表記の条件面との差がでることもある
■C.人材紹介会社の活用
  • 転職の流れ (1)人材紹介会社へ登録→(2)コンサルタントとの面談→(3)求人案件紹介と話し合い→(4)アドバイスを受けながら提出書類作成(応募は人材紹介会社が行ってくれる)→(5)面接
  • メリット→登録しておけば仕事をしながらじっくり探すことが出来る。諸書類の書き方や面接対策など、コンサルタントのアドバイスを受けることが出来る。結果として転職しなくても自分の適職分析や進路など、いろいろ無料で相談にのってもらえる。
  • デメリット→人材紹介会社が多すぎて、どこに登録したらよいか迷ってしまう。


BACK NUMBER
転職を希望する前に
会社の選び方、求人票の見方
履歴書・職務経歴書の書き方
面接のポイント
退職までの流れ


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。