フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2007/11/29 】 

急に寒くなり、いつの間にか冬に突入。こんな寒い日には、あったかいカフェとホットココアが欠かせない!というライターJです。そんな私が今回ご紹介するカフェは、「ここ以外のどこにも存在しない」不思議な空間を持つカフェ「grill & cafe 猫町」です。まるで、詩人、萩原朔太郎氏が描く異次元の世界、「猫町」のように...。


おとぎ話の空間「grill & cafe 猫町」

お気に入りのオムライス。サイズがそこまで大きくないところも、「もう少し食べたいなあ...」と思わせて、ついついリピーターになってしまうのです。
おとぎ話の空間「grill & cafe 猫町」

鉄板焼屋さんを改築して作られたこのカフェ。萩原朔太郎の同名小説から名付けられた「猫町」
おとぎ話の空間「grill & cafe 猫町」

アンティークからインポートものまで、様々なインテリアが絶妙なミックス具合で配置されています。気負い過ぎないところが、この居心地の良さを生み出しているのかも...。

【店舗情報】
grill & cafe 猫町
住所:京都市左京区一乗寺築田町100-5
住所:(市バス上終町京都造形芸術前より徒歩3分)
電話:075-722-8307
営業時間:12時〜23時 営業(L.0. 22:30)
営業時間:火曜定休/月一回不定休


フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

叡山電鉄「一乗寺」駅界隈は、芸大があったり、アート系書籍の充実した本屋さん「恵文社」があったりと、街全体がどことなくアートを感じさせる私のお気に入りエリアの一つです。敏感だけれども忙しくない、どこか懐かしささえ漂う町並み。そんな町の雰囲気に溶け込むように、「grill & cafe 猫町」はあります。

沢山の植物に囲まれたエントランスを抜け、ドアを開けると...。まず、最初に目に飛び込んでくるのは、古材を使って作られたという10人掛けの大きなカウンター。それぞれに大きさも形も違うテーブルが4つと、奥には12人まで座れるという個室もあります。白熱灯の灯に照らされたほっと落ち着ける店内には、 アフリカのベンチやソファ、イギリスのテーブル、インドネシアのカーテンやクッション...。200年以上前の古材を利用して改装されたというだけあって、全てのものがワンアンドオンリーな存在感。無国籍な家具の中に溶け込んでいるオブジェ達が不思議なアンバランスを作り出し、なんだか童話の世界に迷い込んでしまったような気持ちに。この空間を「宮沢賢治の世界」、「宮崎駿の世界」という人がいるのもうなずけます。

わたしが足を運んだ、午後3時を少し回った店内には、ランチを終えたカップルが一組だけ。「ランチ、食べ損ねた〜」と、ここでがっかりしてはいけません。実はこのカフェでの私の一番のお気に入りは、ランチ後にサーブされるフードメニューの中の、オムライス(1,000円)なのです。ケチャップチキンライスの上に、ふわ〜っとろ〜っな卵とデミグラスソースがたーっぷりかかった美味なる一品♪凝りに凝った料理ではないのに、自分では絶対に作り出せない味、食感!様々な飲食店で修行をしたというオーナーが、契約農家から届く無農薬野菜、天然の鮮魚、国産の肉、とこだわりの食材で作り出すメニューは、「牡蠣と地鶏胸肉のトマトソース煮込み」、「ポークソテーとポテトのブイヨン煮」、「タンシチュー」などなど、カフェフードをこえた逸品ばかり。夜には黒板いっぱいに書かれた本日のお勧めメニューも登場して、ちょっとしたビストロのような風情なのです。その時々の旬の京野菜、聖護院かぶらや京いも、賀茂なすなどが使われた料理が並ぶのも、京都ならでは。

今回私達がオーダーしたのは、前述のオムライスに、ペペロンチーニパスタ、桃のスムージー、カフェ・オ・レ。香り高いコーヒーは、京都西陣の老舗珈琲専門店ガロの豆が使われているということで、少し荒目の強いこくが私好み♪更に、コーヒー党の私は試したことはないのですが、ポットでサーブされる紅茶も知る人ぞ知る京都五条の紅茶専門店セレクトショップのもの。こちらのお店も、ダージリン、ネパール、中国、台湾などから届く80種以上の紅茶を毎日テイスティング、厳選されたクオリティーの高いものだけ(最終的には3種類ほどに絞られるそう!)を入荷するという強いこだわりの名店です。
そして忘れてはならないのが、デザートに...とオーダーしたフレンチトースト!厚く切られたバゲットにメープルシロップがたーっぷりしみこんで、外側はカリカリ、中はふわ〜っ...。添えられたホイップクリームをぽってりのせて口に入れると...至福の瞬間。このフレンチトーストは、間違いなく私のフレンチトースト史上ダントツの一位です!ここでは他にも、濃厚なバニラアイスとガトーショコラに、ラムの効いたキャラメルソース(全て手作り!)がかかった「猫町 パフェ」(800円)も人気だとか。

お店の独特な雰囲気とおいしい料理に時間を忘れ、気が付くともう午後6時を回った頃。いつの間にか店内は満席で、中に入れずに帰っていくお客さんの姿も...。 ゆっくりとした猫町時間を味わうのなら、平日の午後がベストのようです。

不思議な速さで時間が流れるgrill & cafe 猫町。非日常な不思議な空間を、ほっこり味わってみませんか?



BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。