フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2007/10/25 】 

はじめまして!京都在住ライターJです。古都京都ならではの「おいしい!」「楽しい!」を含め、日々変化してゆく京都の情報をたっぷりお届けします!
さて、記念すべき第一弾目は、イタリア、フィレンツェに誕生した800年もの歴史を誇る薬局、「サンタ・マリア・ノヴェラ」のリストランテ世界第一号店となる「サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア京都」の紹介です。


町家でいただくイタリアン『Santa Maria Novella Tisaneria (サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア)京都』

うっかりしていると見逃しそうなほど、さりげないエントランスです。
町家でいただくイタリアン『Santa Maria Novella Tisaneria (サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア)京都』

そのままでもとってもおいしいハーブ達。
町家でいただくイタリアン『Santa Maria Novella Tisaneria (サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア)京都』

お店のイメージをイラストで表現してみました!

【店舗情報】
Santa Maria Novella Tisaneria
(サンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア)

住所:京都市中京区東洞院通錦小路下ル阪東屋町675
住所:(地下鉄四条烏丸駅より徒歩3分)
TEL:075-254-8692
定休日:無休
OPEN:11:00〜22:00
公式サイト:
http://www.santamarianovella.jp


フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

日本国内にもいくつも展開している高級薬局「サンタ・マリア・ノヴェラ」が、フィレンツェと京都との姉妹都市提携40周年を記念してリストランテをオープンしたのは2005年のこと。銀座には2004年よりティーサロンがあり、デザートとハーブティーが楽しめるのですが、食事が味わえるのは現在でも京都店のみなんですよ。
「薬局」と「リストランテ」。一見すると不思議に思われるこの2つのコラボですが、どちらも「体にまつわるもの」なんですよね。

大丸京都店の西側出口からほど近くの店舗は、町家を改装した店構え。
通りに面したウィンドウからは、京都の蔵をイメージして作られたという併設ショップが覗けます。店内に一歩足を踏み入れると、芳 しい香りが...。店名についている「ティサネリーア」は 「ハーブハウス」を意味するらしく、薬草を使った個性豊かなアイテムが、所狭しと並んでいます。
せっけん、オーデコロン、アロマ、ハーブティー、はちみつ、ハーブのリキュール。乙女心をくすぐる品揃えです。

更に奥へ進むとリストランテが登場します。
京都とフィレンツェの融合を意識した内装。障子を模した天井からは、優しい自然光が射込み、町家特有のシックな黒い木と、乳 白色の暖かい壁の色にホッと落ち着ける空間です。

本日注文したのはランチコース¥3,500
  • 小さな前菜
  • よこわ(本マグロの幼魚)のカルパッチョ オレンジ風味 サラダ添え 又は 黒毛和牛ランプ肉のカルパッチョ サラダ添え
  • 新海苔とホタルイカのピュレで和えたスパゲッティーニ 桜エビ風味
  • 天然真鯛のポワレ サンタマリアノヴェッラのローズ塩と共に
  • デザート盛り合わせ ・エスプレッソ または カプチーノ または オリジナルハーブティー
一皿一皿のポーションは控えめだけど、素材の持ち味を丁寧に活かした、優しい味付け。スパイス、オイル類にもこだわりがあり、どの一皿も外れなし!
中でも私のイチオシは、プリモピアットのスパゲッティーニ。程よい堅さの細麺に、ホタルイカの旨味たっぷりのソースが絡んで...。思わず「おかわり!」って叫びたくなっちゃいます(笑)。更には、テーブルの上にはグラスに入った5〜6種類のハーブ。
好みで料理に加えたり、そのままムシャムシャ食べたり。こういったところも、「体に良いもの食べてる〜」って感じで、乙女心をくすぐります。

パンナコッタ、アイス、ティラミスなどの盛り合わせデザートの後のドリンク、実はハーブティーが苦手な私なのですが、思わずすすめられるままに オリジナルハーブティーをオーダー。
一口いただくと、ハーブティー特有のミントっぽい感じがなく、ほのかに甘い香りが口いっぱいに広がり、大満足!

「体に良いもの」尽くしのお料理に、イタリアと和が心地よく融合された空間。体にも心にも良い時間。ぜひ、次の京都旅行の1シーンに加えてみて下さい。



BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。