フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2007/03/01 】 

初対面の人に「酒強そう」「相当イケる口?(ぐい呑みのポーズ)」と見抜かれるライターMです。 えっ、酒くさくないよね!? そう、私は大の日本酒党。 今回は日本酒ビギナーにおすすめしたいお酒をご紹介。 山口県・旭酒蔵の『獺祭 本生発砲にごり酒』です。


山口県・旭酒蔵の『獺祭 本生発砲にごり酒』

獺祭 本生発砲にごり酒 (300ml 550円)
最初の1杯にちょうどよいサイズ。正しい読みは”だっさい”ですが”かわうそまつり”と打たないと変換できません。村上春樹ぽい?
山口県・旭酒蔵の『獺祭 本生発砲にごり酒』

注意書きは飛ばさずに読むべし。後悔したくないなら…
山口県・旭酒蔵の『獺祭 本生発砲にごり酒』

微炭酸でクイクイいけてしまうため、のみ過ぎには注意。
手前に写っているのはマイブームのよっちゃんの”味あし”です。これ、日本酒に合うんですよ(笑)

【店舗情報】
旭酒造 公式サイト 商品紹介
http://asahishuzo.ne.jp/ flame/goods.html
※獺祭の買える店についてはサイトを参照
都内では新宿伊勢丹や、渋谷東急東横店ほかで購入可


フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。

カップ酒ブームのおかげで、全国津々浦々の日本酒を試す機会が広がりうれしい限りです。 かつての焼酎ブームのようなバカ騒ぎにもならなくて、それはそれでほっとしていたり。 都会の片隅で独り暮らし、寒い夜にやる熱燗のおいしさは格別。こたつと猫が欲しい・・・。

私がよく行くデパートにはツボな品揃えの日本酒コーナーがあります。 もともとは年明けに購入した『獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分』に感動したことが始まりでした。日本酒とはそれなりに親しんできましたが、このお酒はまさしく衝撃の味でした。
まず、口に含んだ瞬間、日本酒らしからぬ花のような香りが広がるのに驚かされます。飲み口はきつくなく、ふくよか。後味はスッキリとしていて、飲めば飲むほどうまくなっていく! まあとにかく、素晴らしいとしか言いようがありません。 以来、すっかり『瀬祭』ファンになった私は、にごり酒コーナーにあった『獺祭 発砲にごり酒』も試してみることに。 にごり酒系は甘ったるいものが多くて得意じゃないのですが、これは珍しく辛口。キリッとした甘みで、料理のじゃまもせず完璧! さわやかな微炭酸と生絞りならではのフレッシュな香りにつられ、気が付いたら4合瓶が空になっていました…。ヤバイ!
くれぐれも心して欲しいのは、「栓をぬく前に1ミリたりとも振ってはならない」ということ。シャンパンを開けるような覚悟が必要です。私は注意書きを読まず、微発砲だからいいかとかるく振ってしまったらひどい目にあいました。(半分が床に吹きこぼれ、飛んだ栓が友人のメガネに直撃した) 思い出しても悔しいので、気をつけましょう。

『獺祭』をつくっているのは旭酒造という山口県の山奥にある小さな酒蔵さん。 山田錦の純米酒以外は作らず、酒を絞る際にコストを度外視した遠心分離機をつかうなど、その製法を知れば知るほど、半端じゃないこだわりっぷりの酒屋なのです。 おいしい清酒をつくるにはどれだけ米の表面を磨いたか、という「精米歩合」が重要となるのですが、この酒蔵さんは精米歩合23%という、つまり米を77%も磨いてしまった純米吟醸酒の最高峰を作ってしまったりしてるのです。これは「磨き二割九分」と いって値がはりますが、普段飲むなら、純米吟醸の50%あたりで十分だと思います。
はじめて旭酒造のサイトを訪れてみて、"売れなくてもいいから「幻の酒」になりたいというつもりはありません"という言葉に胸を打たれました。 難しいこだわりは酒蔵の仕事、多くの人が純粋に美味しいと思わなければ意味がない、と。 本当にいい酒というのは並々ならぬ情熱を持って支えられているのだなあ。いつか酒蔵見学して、蔵出し生絞りの二割九分を飲んでみたい!

と、ここまで書いて、私はマニアックな日本酒だと思っていたのですが、ネットで調べてみたら、とっても有名であることが判明。モンドセレクションで金賞をとったこともあるそうです。 こんなことなら先に調べとくんだった(笑)
こちらの発砲酒は香りが高く、シャンパンのようなので、和食の食前酒として出してみるなり粋な演出もできそうです。外国人の集まりに持っていったときも、美味しい!とすごく喜ばれました。(写メまで撮っていた) 百貨店での取り扱いも多く比較的入手がしやすいので、興味のある方は是非。
ついつい飲み過ぎてしまっても責任は取れませんよ。



BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。