フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2006/08/17 】 

アンニョンハセヨ〜。ライターMです。7月初めにふらっとソウルへ行ってきました。着いた翌日に台風が直撃し、ホテル前でデモ隊が騒ぎ出すというアクシデントに見舞われましたが、カプサイシンパワーで乗り越えました。今回は、ソウルで食べた私的・旨かったものをいくつかご紹介したいと思います。

ソウルで食べた私的・旨かったもの

安くておいしいナドヒャンのプルコギ定食。 食事に集中してしまったので肝心のプルコギが写ってないというツッコミはなしで!
ソウルで食べた私的・旨かったもの

o'sullocのグリーンカプチーノ。600円くらい? お高いけど濃ゆくて量もたっぷりで値段の価値あり。 このお店の緑茶への力の入れようは拍手モノ。 一緒についてくる緑茶のマカロンも美味!
ソウルで食べた私的・旨かったもの

ホットックジュセヨ〜。私が愛してやまない、韓国の国民的おやつ。 焼き立てのアツアツを紙にはさんでくれます。 店によって材料も千差万別で同じ味がないのだそう。
ソウルで食べた私的・旨かったもの

世界で人気のクリスピー・クリームは今冬日本上陸!

【店舗情報】
ナドヒャン
ソウル市中区忠武路1街24-28
TEL:(02)-779-3000
営業時間:11:00〜23:00
定休日:なし
地下鉄4号線明洞駅5番出口から歩いて5分

o'sulloc tea house(オソルロック ティーハウス)
http://www.osulloc.co.kr/index.jsp
地下鉄4号線明洞駅8番出口から歩いて徒歩約6分。

Krispy Kreme(クリスピー・クリーム)
地下鉄2号線乙支路入口駅下車。
7番出口よりロッテデパートB1F直結、入ってすぐ左側。

フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。

ソウル初日は天候不良で、移動もままならず。 建物はどこもかしこもハングル文字で、看板だけでは何の店やら想像ができません。 とりあえず、現地の食はジモティに訊こう!ということで、デパートの店員さんから情報収集をすることに。 そこで教えてもらったお店が、韓国料理店『ナドヒャン』です。(同行した母から、「ノムヒョン美味しかったね!」とメールが来ました。 そりゃ大統領だよ) ソウル最大の繁華街・明洞エリアから一歩入った路地裏にあるこの店、おしゃれとは言い難いですが、夜になると外にもイスやテーブルが出され、若いサラリーマンやOLで熱気ムンムン。韓国映画やドラマなどで出てくる感じで、雰囲気満点です。
看板メニューのプルコギジョンゴル定食(ひとり700W→約700円)も美味しいのですが、私が好きなのはサムギョプサル。サムとは「包む」の意。 肉厚の豚を焼いてハサミで切り、ナムルやキムチ、自家製ミソをチョンチョンと乗せ、サンチュで巻いて食べます。肉の重たさが消え、いくらでも食べられてしまう。サンチュもお代わり自由。新大久保のコリアタウンのように枚数をけちらないのがいい(笑)。
地元の人はこういった料理に韓国の真露・チャミスル(おなじみの竹の絵のやつです)をガンガンあおっています。 チャミスルは日本の真露より甘みがあってまろやか。 ストレートで飲むのが断然おいしい!
お店のおばさんはカタコトの日本語ができるし、値段のわりに何でも美味しいので、2日連続で通ってしまいました。 ガイドブックには載ってない、普段着のソウルを味わえるお店です。

ソウルではWell-Beingという健康ブームが真っ盛りで、日本の緑茶が大人気。 デザートはもとより、スーパーにも緑茶のお菓子コーナーがあり、緑茶化粧水、緑茶キムチと何でもござれです。 去年の大ヒット商品は「17茶」という緑茶飲料だったそうです(笑)  韓国の有名なお茶メーカーが経営する『o'sulloc』(オスロック)という緑茶カフェに行ったのですが、緑茶のケーキやドリンクが種類豊富で、非常にハイレベルなお味でした。 グリーンカプチーノは甘みがなくほろ苦い抹茶にミルクを入れて泡立てたシンプルな感じ。辛いもの続きの胃がほっと安らげます。こちらも明洞のど真ん中にあるので、是非チェックしてみてください。

韓国の食で一番気に入ったのが、屋台で売っているおやつ『ホットック』。トウモロコシともち米の粉で作った生地の中にハチミツ、松の実、ゴマ、シナモンなどが入っています。 1枚約50円と安価ながら、カリカリ、モチモチの生地の中からトロリと出てくる甘いソースがたまりません。
毎日食べなきゃ!と意気込んだのですが、冬場のみの限定物らしく、あまりお目にかかれませんでした。日本にも屋台出して欲しい…。

帰国前に、巷でウワサのKrispy Kreme(クリスピー・クリーム)を初体験しました。 アメリカ西海岸発、世界で人気沸騰中のドーナッツチェーンです。 ソウルのロッテデパート地下にも支店が出来たのですが、1年半経ってもいまだに長蛇の列。このドーナッツはちょっと衝撃の味、一言でうまく言い表せません。だって食感が摩訶不思議。びっくりするほど軽くて口の中でシュワッと消えてなくなってしまうのです。 今冬、ロッテと提携しついに日本に上陸するらしいので、シナボン並に人気が出るんじゃないかと踏んでいます。

こんな短い旅ではまだまだ食べたいものがいっぱい。後ろ髪引かれるままソウルを後にしました。 韓国の食へのバイタリティは半端じゃなく、主食も重ければおやつも重い。でも不思議なことに、胃もたれもせず、帰国後の疲れもありませんでした。その謎を追及しにもう一度ソウルに行ってしまいそうです。



BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。