フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2006/06/15 】 

最近、日本に上陸したばかりのIKEAに行ってきましたライターMです。 カフェではスウェーデン王室御用達だという謎のケーキ、“プリンセスタルト“にチャレンジ。脳天にくる強烈な甘さでしたが、わりと美味しかったです。今回は神楽坂の隠れた名店・『カトリーヌ・ドゥ・メディチ』のフィナンシェをご紹介します。

忙しい人の味方『シャトルシェフ』

フィナンシェは6個入り・900円から購入可。プレーン、ショコラ、バレンシアの3種類を自由に詰められます。ほんのり柑橘味のバレンシアがおすすめ。
忙しい人の味方『シャトルシェフ』

駅近、通り沿いなのにお店の中はとっても静か。チョコレートにも定評があり1粒168円(税込)で味わえます。
忙しい人の味方『シャトルシェフ』

喫茶ルームを隠し撮ってみました。

【店舗情報】
カトリーヌ・ドゥ・メディチ
営業時間:10:00〜21:00
住所:東京都新宿区矢来町115
TEL:03-3267-7345
定休日:第1・2・3水曜
・東京メトロ神楽坂駅1番出口より約1分

フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。

仕事柄、つねに差し入れのお菓子であふれかえっているわが仕事場。 焼き菓子などの日持ちするものは忘れた頃にとんでもない場所から(箱ごと)発掘されるので恐ろしいです。 女だらけの職場なのに、誰ひとりとして配ろうとしないのもかなりの問題では…。それにしても貰い物の焼き菓子って、時間が経ってバターの油分が表面ににじんできていたり、妙にパサパサしていたりで、正直苦手です。 そんな私が心の底から美味しいと思ったのが神楽坂『カトリーヌ・ドゥ・メディチ』のフィナンシェ。 焼き菓子の奥深さをあらためて教えてくれたお店なのです。

このフィナンシェの生みの親、『カトリーヌ・ドゥ・メディチ』は神楽坂のてっぺんにある小さなパティスリー。 パリで修行を積んだ物静かなご主人が、本格的でありながら、日本人の口に合わせたおいしいフランス菓子を作り続けて23年。 トレビアンな名前とは裏腹に、ちょっと奥まったところにひっそりと位置しているので、知らない人は気づかず通りすぎてしまう可能性大です。私は神楽坂界隈で働いていた頃に、このお店の存在を知り、すっかりファンに。厳選された素材を最大限に生かした約13種類のケーキはどれも芸術の粋。繰り返し同じケーキを買いに来るリピーターが多いため、商品の入れ替えは極力しないそうです。
きらびやかなショーケースの横に併設されている喫茶ルームは神楽坂らしいレトロな雰囲気で、ゆったりとした時間が流れています。正直、あまり教えたくないかも・・・なーんて、神楽坂住民はみんな知っているんですけどね。

そんな『カトリーヌ・ドゥ・メディチ』の美味しさを語っていたら、会社の上司(神楽坂在住)が「あそこのフィナンシェを食べたら他店のは食べられない!」と熱く主張してきました。
それならばと、頼んで買ってきてもらったら、やはりこれがもう美味しい。 半生菓子なのに時間が経っても表はさっくりとして中はふわふわ、作り立てのよう。 私が苦手とする「油分ベタベタ感」も感じられず。軽くて上品な口どけで、しっとりしたバターと香ばしいアーモンドの味が舌に心地よく沁みこんできます。いつもは飲み物を必要とするフィナンシェも、これなら連続3つはいける!
『紀の善』や、不二家のペコちゃん焼きなど神楽坂SWEETSはたくさんあるけれど、私が自信を持っておすすめしたいのは断然、『カトリーヌ・ドゥ・メディチ』のお菓子です。

シンプルな材料ゆえ誤魔化しがきかないものにこそ、熟練した職人の技が問われる気がします。ひとつひとつ作り手の心が感じられるお菓子を、これからも味わっていきたいものです。
そんな訳で、神楽坂散策の折には、こちらの絶品フィナンシェをお土産にしてみてはいかがでしょうか。



BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。