フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2010/07/15 】 

気づいたらもう7月も半ば。夏休みの計画に気合が入っている人も多いのではないでしょうか。
無計画旅行大好きっ子、編集TアシスタントYです。暑さが続き、夏バテ気味で食欲も落ちますが、スイーツは別腹!甘くておいしい上に健康にもいい、中目黒「パティスリーポタジエ」の野菜スイーツをご紹介します!

「パティスリーポタジエ」の野菜スイーツ:グリーンアスパラのムース (中目黒)

グリーンアスパラのムース
「パティスリーポタジエ」の野菜スイーツ:グリーンショート・トマト (中目黒)

グリーンショート・トマト
「パティスリーポタジエ」の野菜スイーツ:キャロットチョコフラン (中目黒)

キャロットチョコフラン

【店舗情報】
パティスリーポタジエ
住所:〒153-0051
住所:東京都目黒区上目黒2-44-9
TEL:03-6279-7753
FAX:03-6279-7754
営業時間:AM10:00-PM8:00 年中無休
イートインスペース:店内:6席/テラス:10席
イートインスペース:AM10:00-PM7:30

フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

梅雨の合間で天気が良かった日曜日、仕事帰りに編集Tと「甘いものも食べたいね」と、携帯で検索。中目黒 スイーツで検索したところ、やはり「パティスリーポタジエ」がトップに。
パティシエの柿沢安那さんがとても素敵な女性で有名なお店ですよね。

野菜ブームで、ますますテレビや雑誌で話題になっているけど、2人とも久しく食べていないということに気づき、ポタジエさんに決定♪

中目黒駅から徒歩10分ほど、目黒銀座商店街を歩いたところにある可愛いお店。
お店に入ると既にたくさんの女性たちが、列を成していました。
カフェスペースには、旅行バックらしきカバンを持っている人もちらほら。遠くからわざわざ目指してきたのでしょう。さすが話題のお店です!焼き菓子も色々とありますが、やはり心惹かれるのはショーケース越しに並ぶ、色とりどりのケーキたち。

野菜スイーツだけあって名前を見ると、トマト、キャロット、ごぼう、アスパラ・・・え?本物のアスパラ?ケーキの上にまるでつくしのように、にょきっと生えているアスパラに思わず釘づけ。
実はあまりアスパラが好きではないわたし。スイーツになれば食べられるのか。正直どうなの?と怖いもの見たさの思いで恐る恐るセレクトしちゃいました(笑) 相談してとりあえず3つを購入。
「グリーンアスパラのムース」460円
「グリーンショート・トマト」450円
「キャロットチョコフラン」 480円 

事務所に戻り、早速味わうことに。「とりあえずアスパラからでしょう!」と、意気込みつつも少し不安でホームページをチェック!
ほうじ茶のスポンジとバニラのムースが一緒になっているとのこと・・・アスパラだけじゃないのね。とちょっと安心しながらひとくち☆お〜確かにしっかりムースがアスパラの味がする(笑)
ただし、アスパラだっていうことは分かるのにほうじ茶の苦味やバニラの甘さでトータル的においしいスイーツになっているではありませんか!

「グリーンショート・トマト」などは、女性の繊細な感性が活きたケーキだなという印象。苺の代わりにトマトが存在感を示しています♪
「キャロットチョコフラン」は、どっしりとしたボリューム感。こちらは、あまりにんじんくささを感じることなく、「あれ?かぼちゃ?」と間違えちゃいました(笑)いい加減ですね〜私たち。

店頭から頂いてきたリーフレットによると、ポタジエさんは野菜に限らず使用している食材は出来るだけオーガニックにこだわり、体に優しくおいしいスイーツをということがコンセプトになっていますし、規格外で出荷されずに捨てられてしまうようなお野菜たちをパウダー状にしてからスイーツに使用するなど農家さんたちを応援する活動などもしているようです。
柿沢さんはまだ33歳。同じアラサーか・・・すごいですよね!

体に優しくおいしい上に日本の農業の活性化にもなる野菜スイーツたち!暴飲暴食の日々の私たちにほんわか優しい風が吹いた日でした。


BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。