フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2010/05/27 】 

疲れたときの甘いものって、ホントに幸せですよね〜編集Tです。
本日、デザイナー女子がおみやげにあのフランスの醗酵バターで有名な「エシレ・メゾン デュ ブール」のマドレーヌを購入してきてくれたんです〜!!何度もお店の行列を横目に諦めていただけに、感激は人一倍☆さっそく紅茶をいれまして、おいしく&おいしくいただきました〜♪

「エシレ・メゾン デュ ブール」のマドレーヌ

「エシレ・メゾン デュ ブール」のマドレーヌ

「エシレ・メゾン デュ ブール」のマドレーヌ


【店舗情報】
エシレ・メゾン デュ ブール
住所:〒100-6901
住所:東京都千代田区丸の内2-6-1
住所:丸の内ブリックスクエア1F
営業時間 10:00〜20:00(無休)
TEL&FAX 03-6269-9840
HP:http://www.yojiya.co.jp/pages/cafe.html

フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

日本で唯一の専門店が、東京の丸の内ブリックスクエア1Fにオープンしたのは、2009年の9月3日のこと。
オープニングレセプションにお邪魔した記憶も新しいのですが、その後も何度も足を運ぶたびに、失恋をしていたのです〜。
今回、リーフレットをきちんと読んで知りました。
「エシレ村」ってあるんですね〜。マドレーヌの美味しさを語る前に、知り得た情報を書いちゃいます!
『エシレ村はフランス中西部の人口3000人ほどの小さな村。この村のエシレ酪農共同組合は1894年からバター作りをはじめ、現在ではフランスはもとより多くの国々の家庭、レストラン、パティスリー、ホテルなどで愛用される優れた醗酵バターを昔ながらの製法で作り続けています』ってすごくないですか?
さらには、フランスの工房から半径30km以内の酪農家で様々な約束事を守っている牛乳だけを用いてエシレバターが作られるそうなんです。

このバターの専門店が日本にできてくれただけでうれしいですよ!
そもそも日本のエシレで販売しているバターは、ほぼ毎週シャルル・ド・ゴール空港から航空便で運ばれているとのこと。少々お値段はるのも当たり前ですね〜。

可愛い水色のエシレ紙袋から取り出した「マドレーヌ・エシレ」の第一印象は、
「やっぱりおいしそ〜〜〜〜」でした。
こげ色豊かに、きゅっと身がひきしまった美しいフォルム。
ワクワクしながら、2つに割ってみると、ふんわり薫るバターの香り。
乙女がときめかないはずがありません!!

お口にいれました。なんていうんですか、『正解』って感じです。
本当に何も間違っていない素材と味と製法ってこんな仕上がりになるんですね〜。

まだまだ、食してみたいラインナップが盛りだくさん。
次は、アイスクリームや、バタークリーム生ケーキを購入しに向かいます!


BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。