フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2009/08/20 】 

8月も後半にさしかかり、連日の暑さにぐったりしちゃいますね〜。夏バテで痩せちゃった…なんて人はいませんか?(うらやましい…)生まれてこの方夏バテなど一度も経験したことのないライターJです。夏だろうが冬だろうが、年中絶好調&フル回転の胃袋の持ち主!今回は、そんな私の胃袋を満足させてくれたお気に入りの町屋を改装したフレンチレストラン、「エピス」をご紹介します。

町屋を改装したフレンチレストラン「エピス」(京都)

ふくよかな恵比寿様のイラストの上には○マーク。「エビス+○」=エピスの発想が面白い♪
町屋を改装したフレンチレストラン「エピス」(京都)

カトラリーはカウンターの引き出しの中にきちんと並べられています。こんな演出もステキですね!
町屋を改装したフレンチレストラン「エピス」(京都)

ランチコース¥2,200と¥3,200の前菜は全て違うものが用意されます。お友達と別のコースをオーダーして、少しずつシェアするのも楽しいかも♪

【店舗情報】
epice (レストラン エピス)
住所:京都市上京区寺町今出川下る真如堂前105
TEL:075-222-2220
営業時間:11:30〜14:30(L.O)
営業時間:17:30〜21:00(L.O)
定休日:水曜(祝日の場合は営業)
HP:http://www.kyoto-epice.jp/

フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

春には桜、秋には紅葉と、一年中美しい自然が楽しめる京都御苑。その東側に、地区100年以上の町屋を改装したフレンチレストラン、「エピス」があります。古い街並みの中に、ひときわ目を引く鮮やかなオレンジ色の暖簾。そこにはにっこりと笑うふくよかな恵比寿様の姿が描かれています。

引き戸を開けて中に入ると、「いらっしゃいませ。」流暢な日本語を操るフランス人のウェイターがにっこりと出迎えてくれます。町屋特有の縦に長ーい空間を活かして、手前にはカウンター8席、その奥にテーブル席10席、さらにその奥には坪庭を挟んで12名収容のお座敷もあります。テーブルの上には暖簾と同じ鮮やかなオレンジ色のランチョンマットが並び、カウンター上部には四季の自然と動物が描かれた木彫りの欄干が。和のテイストと洋のテイストがとてもモダンにまとまっていて、町屋を改装したお店は数あれど、このセンスの良さはあまり類を見ないかも…。

シェフ一人で料理を作られているので、ランチ・ディナーとも、2種類のコースのみ。今回は、ランチコース(¥2,200、¥3,200)から¥3,200のコースを選択してみました。オーナーシェフのこだわりは、ズバリ「野菜が主役になるフレンチ」。使われている野菜は全て有機、無農薬栽培の野菜たちです。さらに「生産者の顔が見える野菜を使いたい」と、シェフ自ら滋賀県の朝市に出向き、食材を仕入れてくるのだとか。
気になるランチコースのメニューは、オードブル4種(パプリカのムース・生ハム&メロン・イカのグリーンサラダ・ホタテときゅうりの冷製)、滋賀県八日市のトウモロコシの冷製スープ、天然真鯛のソテー 夏野菜とともに・国産牛ミンチと黒ワシナスのファルス、パン&ドリンク。さすが、「野菜が主役になるフレンチ」らしく、野菜中心のヘルシーなお料理です。いただいてみて、一番の感想は…すべてのお料理が、とても丁寧に作られてる!
ということ。オードブルから始まってメインに至るまで、奇をてらったような味付けではないのですが、だからこそ野菜たちひとつひとつのうまみが際立ちます。…というか、野菜をおいしく食べさせるためのお料理、という感じ。
例えばオードブル4種の中のイカのグリーンサラダも、その名の通りグリーンサラダの中にゆでられた小さなイカが混ざっている、というシンプルなお料理なんですが、とにかくレタスが新鮮!そしてイカがプリップリ!素材が良いからこそシンプルな一皿が生きるんだなあ、としみじみ思いました。中でも一番印象的だったのがトウモロコシの冷製スープ。一口口に含んで、驚いちゃいました。「甘い!」もちろん砂糖などで後から加えられた甘さではなく、厳選されたとうもろこし本来の甘みなんですが、とうもろこしってこんなに甘い野菜だったんだ〜…と感動。メインのお魚とお肉は、ディナーコースに供されるものと同じお料理なのでお得感が増します♪

若きシェフの、「最先端を意識しつつ、その上で自分のものを乗せてゆく」という料理へのこだわり。それは、単に「有機栽培=ヘルシー」「町屋=おしゃれ」という画一的な流行を追ったものではなく、シェフ自らのセンスと技量が生きた素敵な空間を生み出しました。
これからもぜひ注目していきたいお店です♪


BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。