フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2009/07/23 】 

またまたやってきましたね、この季節!祇園祭のコンチキチン♪を耳にすると、いてもたってもいられなくなる、お祭り好きのライターJです。祇園祭などの伝統行事もさることながら、京都の町には長〜い歴史を持ったお店がたくさんあります。今回はその中から、京都で一番古い洋菓子店「村上開新堂」をご紹介します!

京都で一番古い洋菓子店「村上開新堂」

ロシアケーキを包むレトロな模様の包装紙には、なぜかエジプトのヒエログリフ。このわけの分かんなさもちょっとツボです(笑)
京都で一番古い洋菓子店「村上開新堂」

ロシアケーキは他にも、ゆずジャム、ぶどうジャムの乗ったものもあります。この2種類は比較的最近できた商品なのだとか。
京都で一番古い洋菓子店「村上開新堂」

このお店の外観は、映画、「クローズド・ノート」で主演の沢尻エリカがバイトしている万年筆専門店のロケで使われました。

【店舗情報】
村上開新堂
住所:京都市中京区寺町二条上ル常盤木町62
TEL:075-231-1058
営業時間:10:00〜18:00
定休日:日・祝・第3月曜

フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

骨董品通りとして有名な寺町通り。そこには骨董品を商品として扱う店だけでなく、お店そのものが骨董と呼んでしまえるくらいの長〜い歴史を持つ店舗が軒を連ねています。お茶屋さん、和菓子屋さん、和紙屋さん…片側一車線ずつの狭い通り沿いに、そんな有名店がひっそりとさりげなく立ち並んでいる感じ、いかにも京都らしくて私のお気に入りの通りなんです。今回ご紹介する、明治37年創業の京都で最も古い洋菓子店「村上開新堂」もそんなお店の一つです。

昭和10年に建てられたという店舗はとてもノスタルジック&シンプルな作りで、初めて目にした時は「何屋さん??」って思っちゃった程。しかも、きっちり閉められたドアからは中をうかがうことができずに、扉を開けるのにちょっと勇気がいりました(笑)。
「をす」と書かれたドアノブ(このノスタルジックな感じも、かなりあたしのツボです♪)を押して中に入ると、少し薄暗い店内には年代物のガラスのショーケースとそこに陳列されたクッキーたち。商品数は多くはなく、ロシアケーキ(5種類/各189円)、好事福盧(こうずふくろ/紀州ミカンを使ったゼリー/494円(11〜3月)、オレンジゼリー(662円(4月下旬〜10月上旬))、缶入りクッキー(小 4,725円/大 5,900円/11種類入)、以上!しかもゼリー、クッキー類は予約制で、特にクッキーは通常で2〜3週間待ち、繁忙期では2ヶ月待ちもあるのだとか!
なので、飛び込みで買えるのはロシアケーキのみ。本当ならしょぼ〜んとしてしまうシチュエーションなのですが、店内のかわいらしさに夢中になっていたあたしはパシャパシャと店内写真を撮りまくることで大満足♪
そんなあたしに、3代目店主のご主人は、建物や内装はほぼ建てられた当時のままだけれども、5年ほど前にショーウィンドウのガラスや床の一部のタイルを入れ替えたのだと教えてくれました。言われてみると、タイルの一部が違う模様…。昭和10年当時のタイルはもう生産されていなかったので(そりゃそーだよねー)、似た雰囲気の新しいタイルを入れたのだとか。でも、そのつぎはぎ具合が逆にステキ♪

家に帰り、早速買ってきたロシアケーキでティータイム!「ロシアケーキ」という名前だけれど、実際は絞り出しのクッキーです。まだ日本に洋菓子が普及されていなかった頃、初代店主が習ってきた当時の作り方を、忠実に守りながら焼かれているのだとか。今回購入したのはレーズンとドライチェリー、アプリコットジャム、チョコの3種類。形といい大きさといい、昔よくあった「缶入りクッキーの詰め合わせ」をほうふつとさせる風体です。3種類それぞれをかじってみてびっくり!トッピングが違うだけですべて同じ生地なのかと思いきや、全部違う触感、風味!レーズンとドライチェリーは一番しっとりしていて生地に厚みがあり、ソフトタイプのクッキー。アプリコットジャムはさっくりとした生地で、アプリコットジャムの甘すぎない酸味がいい感じ!ジャムののったクッキーはどちらかというと苦手なのだけれど、これは文句なしにおいしいです。そして一番気に入ったのがチョコ!3種類の中で一番しっかりと焼かれた感じのカリっポリっとした香ばしい生地の上に、ビターなチョコが乗っかっています。ノスタルジックで乙女な見た目(笑)とは裏腹に、丁寧に作られた大人のクッキー。決して、バターがたっぷり使われたリッチな食感!とか、技巧を尽くして開発された斬新な味!とかじゃあないんですが、ああこれ、昔食べたことある〜!クッキーってこうだったよね!って言いたくなっちゃうクッキーたちなんです。丁寧に淹れた紅茶と一緒に食べたいクッキーたち。

今回は予約なしで買えなかったのですが、紀州ミカンを使ったゼリーも、作家池波正太郎氏のお気に入りとして有名な逸品なのだとか。サンプルとして陳列されていた11種類の缶入りクッキーもかなり気になります。次回はぜひ予約して試してみなきゃ!


BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。