フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2009/05/07 】 

春のGWが終わりましたね〜。今年は秋(9月)にも連休があるのでございますよ♪
新型インフルエンザ早く落ち着いてくれないですかね〜。そんな新型インフルエンザをぎりぎり回避し、先日韓国へ行ってきました編集Tです。今回はフードプロデューサー企業への同行だったので、美食三昧!そんな中、滞在期間がほぼ2日のうち、2回食すほどはまってしまった「土俗村」の参鶏湯(サムゲタン)をご紹介です!

「土俗村」の参鶏湯(サムゲタン)(韓国・ソウル)

韓国の伝統家屋を改装した店内。入り口にはローストチキンがたくさん焼かれて回っています。
「土俗村」の参鶏湯(サムゲタン)(韓国・ソウル)

海鮮チヂミも外はカリカリ、中はふんわり。サムゲタンでお腹がいっぱいでも別腹ではいっちゃいます。
「土俗村」の参鶏湯(サムゲタン)(韓国・ソウル)

参鶏湯(サムゲタン)の濃厚なスープを一度味わうと、クセになりますよ!なんといっても2日連続で食べましたから♪

【店舗情報】
土俗村 (ソウルナビ)

フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

参鶏湯(サムゲタン)のイメージってどんな感じでしょう?あたしは味に感動した記憶はあまりなく、『風邪が治る』といった印象しかなかったのが正直なところ。でもそれは、本当に美味しい参鶏湯(サムゲタン)に出会っていなかったからだ!と実感してしまいました。
ここ「土俗村」は今や韓国ではかなり有名店になっているとのこと。地元の人に伺うと、「日本の観光ツアーに組み込まれているほどでありながら、地元の方達も足しげく通う場所」だそうです。タクシーの運転手さんも「あそこはうまい!」と断言しながら連れて行ってくれました。
参鶏湯(サムゲタン)は定番のほかに、鳥骨鶏(ウコッケイ)の参鶏湯(サムゲタン)などもありましたが、2回とも定番メニューをオーダー。さすがに真っ黒な鳥の鳥骨鶏(ウコッケイ)にはチャレンジできませんでしたね〜。

さてさて、オーダーすること5分も待たずして、熱々の参鶏湯(サムゲタン)がテーブルに運ばれてきます。
「いただきま〜す」と思いきや、「はい、これ」と渡されたのは小さいお猪口。「これは・・・」
「高麗人参酒だよ〜!くいっと飲んで」って・・・。朝一に口にするのが、こんなに強いお酒でも身体は耐えられるんでしたっけ(笑)と思いながらも、くいっといきましたよ。
なんだか気合が入りましたね、戦う感じ。何と戦うって感じですよね、でも目の前にある参鶏湯(サムゲタン)は気合を入れないと女性の完食は難しいボリュームなんですよ〜。
その上、キムチやカクテキは美味しいし、海鮮チヂミも食べたいし。
口癖のように「やせなきゃ」といっているのに・・・(笑)ごめんなさい、私の周囲の友人達。本気で食べます!とこころの中で誓いました。

スープを飲むと、体の中に染み渡る旨み。「おいし〜」と思わず笑ってしまいました。
このスープの味わいをどうやって表現したらいいのかわかりません。
ただ、まったく飽きることなく飲み続けられるということ!塩・こしょうなどで味の調整を図りながらもOKなのですが、私は半分まではほぼそのままでスープを味わいました。若鶏の骨までもがホロホロと崩れるほどの煮込み具合。でも鶏肉はまったくパサつくことがなく、ジューシーな味わい。不思議であります。どんどん鶏を解体しながら、食べていく手は止まりません。いや、無言になってしまいます。
そして、もちろん、鶏のおなかの中にはもち米と様々な実(松の実、栗、なつめ、ぎんなん)や高麗人参などが詰まっておりまして。その部分もどんどん引き出しながら、口に運ぶのです。これは、女性にとっては完食が難しい代物です。しかし、スープを残すわけにはいきません。コラーゲンがどれほど含まれているかを想像すると、お腹がはちきれそうでも関係ありません。そして・・・ほぼ8割を食したのでありました。

ということで、2日連続で味わった「土俗村」の参鶏湯(サムゲタン)ですが、2日間ともリアクション、食べた種類&量ともに変化がなかったことをお伝えしておきます(笑)


BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。