フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2009/02/26 】 

皆さん、今年のバレンタインはどんな風に過ごしましたか?毎年この時期になると、百貨店に特設されたチョコゾーンをくまなく回ってしまうライターJです(笑)。今回、足を踏み入れたJR京都伊勢丹の特設会場でかの有名な『エス コヤマ』の小山シェフと遭遇し感動!今回は『エス コヤマ』の「小山ロール」と期間限定商品の「バームクーヘン」をご紹介です。♪

『エス コヤマ』の「小山ロール」と期間限定商品の「バームクーヘン」

余りにも有名な「小山ロール(¥1,260)」。一度は食べてみる価値あり!
『エス コヤマ』の「小山ロール」と期間限定商品の「バームクーヘン」

「思い出の大きな木〜小山流バウムクーヘン〜(¥1,155/S)」小山シェフの、おじいさんの田舎での思い出が込められているそうです。箱の上にサインを書いてもらいました!
『エス コヤマ』の「小山ロール」と期間限定商品の「バームクーヘン」

店の前には長〜い行列!限定100個/日で予約もできますが、1ヶ月後の予約分まで完売という噂も…。早めのご予約をオススメします。

【店舗情報】
エス コヤマ
住所:兵庫県三田市ゆりのき台5丁目32-1
TEL:0120-086-832 / 079-564-3192
営業時間:10:00〜18:00
定休日:水曜日
HP:http://www.es-koyama.com

フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

兵庫県三田市、公共交通機関でアクセスするにはちょっと不便な郊外地…。そんな場所に、毎日何時間待ちもの長〜い行列ができるアツい場所があるのです。関西ロールケーキ四天王のひとつとも言われ、絶大な人気を誇る小山ロールで有名な『エス コヤマ』。小山ロールとは、TV東京「TVチャンピオン」グランドチャンピオン大会で味覚部門1位を獲得したという伝説のロールケーキなのです。

「むっちゃおいしいねん!」と大絶賛する友達に背中を押され、はるばる京都から向かいました。お店にたどり着いての第一声は、「広っ!」。パティスリー、カフェ、ショコラ専門店、コンフィチュール&マカロン専門店、パン工房、アイスクリーム工房、バウムクーヘン工房にお菓子教室まで!ガイドマップまで用意された広〜い敷地は、まるでお菓子のテーマパークといった様子。

19歳でスイス菓子のハイジに入社してからケーキ作りを学び始め、喫茶勤務から新店舗の店長への大抜擢、さらに営業やデザイナーも経験したという多才な小山シェフ。だからこそ一介のパティスリーで終わらない、お菓子の王国ともいえる夢いっぱいの空間になっているのだなあ。この小山ワールドも含めて、すべてが小山シェフの作品なんだ、と納得。

そしてパティスリーの前には、平日の昼間だというのに大勢の人が長い列を作っています。その最後尾について並ぶこと1時間。じりじりと前へ進みつつ、ようやく店内へ。広い店内にはいくつもの生ケーキが並ぶショーケースがぐるりと置かれ、中央には焼き菓子の盛られたスペースが。そこから店員さんにオーダーを取ってもらいつつ更に1時間待ちました。
家を出てから実に4時間を経てようやく手にした小山ロールのお味はというと…。一口食べて、まず絶句でした。「なに、これ?」というのが素直な感想。どちらかというと、生ケーキに比べて地味で特筆すべき印象がない。。というのが、私の今までのロールケーキに対するイメージでした。その概念を根底からくつがえす代物!とにかく、スポンジがきめ細かい!しっとりしているのにふんわりと軽く、中はもちっとした食感。こんなにおいしいスポンジ、食べたことない!って思っちゃいました。
その中には、少しカスタードを混ぜた生クリームと栗のコンポートがロールされています。たっぷりのはちみつと卵黄を泡立ててふんわりと空気を抱き込ませた生地は、とにかく丁寧に丁寧に作られたんだろうなあ〜と思わせる繊細さ。大きなロールケーキを2人でペロッと食べきってしまったのです。

私のロールケーキ人生を変えた小山ロールとの衝撃的な出会いから数カ月。『エス コヤマ』に行きたいなあ〜と思いつつも気軽に行ける距離じゃないだけに、思いを募らせていたところに、前述の特設会場で小山シェフに遭遇してしまったのです!

残念ながらこの日は小山ロールの販売はなかったのですが、代わりに小山ロールと並ぶ人気商品であるバウムクーヘン「思い出の大きな木」が販売されていました!しかもバレンタイン期間限定(1/18〜3/14)で作られるショコラバージョン!迷わずお買い上げです。しかもうれしいことに、その場で箱に小山シェフがサインをしてくれた上に、「一緒に写真撮ってください!」のお願いに照れながらも応じてくれました。家に帰って早速パクリ。実は私、バウムクーヘンの、あの口の中の水分が取られる感じが苦手だったんです…。でもさすがは「エス コヤマ」のバウムクーヘン!何層にも重ねられた生地はしっとりしつつも、ホワホワ。なんでこの全く違う2つの食感が両立するんだろう??甘さ控えめのカカオの風味と、一瞬抜けるラム酒の香り。バウムクーヘン特有の、生地の重さは一切なく…。「バウムクーヘン苦手って言ってたのはどこの誰?」という勢いで、なんと直径17cmのバウムクーヘンをまたもや2人で完食しちゃいました(笑)。

京都から兵庫県三田市は確かに遠い!遠いけれども…でもやっぱり、また4時間かけてあの幻のロールケーキに会いにいこう。


BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。