フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2009/01/29 】 

こんにちは、ライターJです。年も明けてはっと、気付くともう1月も後半。日に日に寒さが厳しさを増し、あったか〜い部屋で過ごす時間が多くなりますよね。こんな季節にこそ、家の中で楽しめることを…。今回は、そんな人におススメのソーイングカフェ「柴洋」をご紹介します!

ソーイングカフェ「柴洋」(京都)

「お針子セット」。お好きなドリンクと一緒にどうぞ。
ソーイングカフェ「柴洋」(京都)

古い町家を改装したお店。可愛らしい青いタイルが目を引きます。
ソーイングカフェ「柴洋」(京都)

やかんの乗ったストーブの隣がアメリの特等席。うとうとと船を漕ぐ姿がサイコーに可愛い♪

【店舗情報】
柴洋
住所:京都市東山区松原通大和大路東入2丁目
住所:轆轤町109
TEL:075-525-3060
営業時間:平日 11:00〜19:00
営業時間:金・土・祝日前 11:00〜23:00
定休日:水曜日
HP:http://sibayo.com/shop.html

フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

清水寺や八坂神社など、京都の観光名所がいっぱいの東大路通り。
その大通りから細い道を一本入ると、とたんにノスタルジックな雰囲気が漂う普段着の京都に出会えます。柴洋は、そんな松原通りにひっそりとたたずむオーガニックカフェ。ソファ、カウンター席合わせて10席ないほどのこじんまりとした店内を覗くと、窓際ソファに陣取った女の子二人組がせっせと編み針を動かしている姿が目に飛び込んできます。そう、ここはニットカフェならぬ、ソーイングカフェなのです。

始まりは60年も前に、柴田法子さんによって四国、高松に開かれた柴田洋裁学校(これがこのカフェの、ちょっとシブい名前の由来なんですね〜)。2000年にその学校を引き継いだ姪の美穂子さんの手によって、洋裁学校がこのような形になったのだとか。生活の基本となる衣食住。洋裁教室を主体に、オーガニック素材で作られた柴洋のオリジナル商品(ベイビーウェアやルームウェア、デイリーグッズなど)やカフェを通してオーガニックなスタイルを生活に取り入れてほしい、という思いが込められています。

早速お店に入ってみると、看板犬のアメリちゃん(フレンチブルドッグ)がしっぽを振ってお出迎え!アットホームな雰囲気の店内は、まるで誰かの家に遊びに来たかのような雰囲気で冷え切った体もほっこり♪
まずは暖かい飲み物を…とメニューを開くと、
オーガニックコーヒーにオーガニックティー(共に¥473)、お抹茶(¥525)やオーガニックビール(¥578)まで素材にこだわったドリンクがざっと30種以上。
その中でも目を引いたのが、ソーイングカフェならではの「お針子セット」なるメニュー。「ドリンク+材料キット(ハンカチ刺繍、 ブックカバー、コットンコースター、コサージュetc…から好きなものを選べます)+お裁縫道具(¥840〜)」と、初心者さんにも優しいキット付きのメニューなのです!

もちろん、出来上がった作品は持って帰ることができます。手ぶらでカフェに来て、友達とおしゃべりしながらちくちく…なんていいなあ〜☆と、自分の不器用さ加減もすっかり忘れて、乙女な妄想に浸る私。でもでも、針と糸を持つなんていったい何年ぶり??これを仕上げるのに、私の腕前だと悠に数時間はかかるはず…。時間と相談しつつ、今回は泣く泣く断念。
ほっこり気分のきなこラテを選ぶと、一口スイーツも添えられてきてうれしい♪ミルクの甘〜い香りに誘われて、ストーブ前に陣取っていたアメリちゃんがじりっじりっと近づいてきます。ひたと見据える瞳のつぶらさに負けてひとかけらあげると、もっともっと〜と言わんばかりにすり寄ってくるので要注意(笑)。
そうそう、フードメニューも数こそ少ないものの、しっかりとこだわりのものが揃っていますよ。日替わりごはんセット(玄米ご飯+有機栽培のおかず4種+スープ/¥1,050)や、豆豆玄米カレー(¥992)に、お針仕事のお供に良さそうな玄米おむすび(¥168)などなど。オーナーの地元香川産、合鴨農法で作られた玄米ご飯が一押しで、「おかずよりもご飯を食べる気持ちで来てください!」というほどの自信作だとか。

さらに、もっとしっかり習いたい!という人のために1日体験ワークショップ(¥2,100〜)や洋裁教室(全8回〜20回前後/¥25,000〜75,000)など、それぞれのレベルに合わせて多彩なコースも用意されています。カフェの2Fが教室になっているので、授業のあとに皆でわいわいお茶を飲む…な〜んて楽しい時間も過ごせそう♪

寒い季節のおうち時間。今年は、押入れの奥にしまいっぱなしのソーイングセットを引っ張り出してみようかなあ。


BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。