フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2008/10/30 】 

秋の夜長、ニット小物の編み編み時間を楽しんでいるライターSです。自宅ニットカフェさながら、お茶とお茶請けは欠かせません。特にお気に入りの組み合わせは、大好きな紅茶&焼き菓子。
焼き菓子で特に好きなのはパウンドケーキ。NO.1は小金井の『オーブン・ミトン』のものです!!

『オーブン・ミトン』の「パウンドケーキ」(小金井)

住宅街の中にありながら、深い森の中にいるような錯覚に陥る場所です。紅葉の時期にはまた違った雰囲気かも。
『オーブン・ミトン』の「パウンドケーキ」(小金井)

味や口溶けはもちろん、見目麗しい完全無欠のパウンドケーキ!6.5×12.5×5センチと若干小振りですが950円は決して高くありません。ラッピングが可愛いのでギフトにも。
『オーブン・ミトン』の「パウンドケーキ」(小金井)

焼き菓子は通販可能です。写真のセットで2,625円(税込、箱代含む)。その他、お引き菓子等のまとまった数の商品ならば特別注文にも対応可。

【入手方法】
オーブン・ミトン
※焼き菓子のみ通信販売可
http://ovenmitten.com/ _cake/ yakigasi.html


フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

2年程前、図書館で出逢った1冊の本があります。『知りたがりの、お菓子レシピ』、著書は小嶋ルミさん。昔からお菓子作りは好きで、それまで何度も作ったことがあるパウンドケーキをその細かく詳しいレシピで作ってみると、お店のものかと思うほど史上最高の出来に!手間はかかるけれど100%友人にも絶賛されるのはこのレシピだからこそ。以来、小嶋ルミさんの著書はほぼ買い揃え、心の師と仰いでいます(笑)

素人が作ってこんなに美味しいパウンドケーキ。本物、しかも焼き立てはどれほど美味しいのだろう・・・と恋焦がれていたカフェを先日ようやく訪れることができました。
JR中央線・武蔵小金井駅からバスで5分。住宅地内のバス停から1本小道に入ると、古めかしい日本昔話チックな門があります。一瞬ここでいいのかと心配になるのですが「石段を下りるとカフェがございます こちらが近道です」と注意書きが貼ってあるので、竹林の中の石段を下りて行きました。 30、40段は下りるでしょうか、木や草が生い茂り池のある場所に「オーブン・ミトン・カフェ」がありました。とても穏やかな空気が漂い、まるで深い森の中のようです。「はけの森美術館」に隣接した古い洋風の日本家屋をお借りして2006年10月からカフェを再開したオーブン・ミトン。洒落たアイアンのネームプレートが飾られた雰囲気のある玄関から入ると、まず靴を脱ぐ場所があり、正面には数種類のケーキの小さなショーケース、左手には15種類程の焼き菓子と紅茶が並ぶコーナーがありました。

向かって右側にはガラス張りの窓とドアがあり、そちらがランチ&ティーのイートインスペースになっています。この日は5〜6卓のテーブル席は満席、待っているお客さんは4組で推定1時間待ちでしたので入るのは諦めました・・・。平日でこの状態でしたから、休日に行かれる方は覚悟の上で(予約はできません)。ショーケース内のケーキも残りが少なくなっており、お目当てのひとつであったシュークリームはもうありませんでした。

私はチーズケーキ、フォンダンショコラ、シフォンケーキ(カット)、パウンドケーキ(カット&ホール)を購入しました。どれも素材の良さを引き出すことを第一に考えたような素朴な味わいながら、感動的な美味しさです。チーズケーキとフォンダンショコラはやや小さめで最初は物足りないような気がしましたが、チーズケーキはチーズの、フォンダンショコラはチョコレートの味わいがしっかりと感じられ、食べ終えるとその大きさがぴったりだったと感じました。シフォンケーキは「食べたことのないシフォン!」と感激する方がたくさんという前評判通り、「これはシフォン??」という驚きをまず感じました。ふわふわなんだけどしっとり、一般的なシフォンとスポンジの中間に位置するような不思議な食感です。全てに共通するのは、その口溶けの良さ。しっとりしてきめ細かい生地がふわっと口の中で溶けていく感じは、他の焼き菓子ではここまで強く感じられません。

パウンドケーキも然り。バターとバニラの香り高く、口溶けも最高で何カットでも食べられそうです。さらに感動するのは、そのビジュアル。焼き色、膨らみ具合、きめ細かさ。シンプルな材料だからこそ、素人が作るものと大きく異なります。改めてプロの仕事の素晴らしさを見せられました。

オーブン・ミトン・カフェから徒歩5分ほど離れた工房では、小嶋ルミシェフが講師を務めるお菓子教室も開催されています。基本〜応用クラスがメインですが、全2回の入門クラス(こちらの講師はスタッフの建部さんになります)や外部の人気シェフによる特別講習会も随時行われているようです。ワンランク上のお菓子作りを目指す方はチェックしてみてくださいね。

ケーキ類は店頭のみ販売ですが、焼き菓子は通信販売もしています。ただパウンドケーキは同封してあった紙にも「風味が落ちるのが特に早い」と書いてありましたが、翌日に食べたら少しだけ味わいが変わったように私も感じました。機会があれば是非小金井まで足を運んで出来立てを味わってみてくださいね。「はけの森カフェコンサート」という、オカリナの音色を聞きながらデザートコースを味わうことができる素敵なイベントもあるみたいですよ♪



BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。