フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2008/10/23 】 

気持ちのいい秋晴れの日が続いていますね。いかがお過ごしでしょうか?つい先日、相方との新生活(人はそれを「結婚」と呼ぶ…)6年目を迎えたライターJです。この年月をしみじみと振り返るよりも、どのお店でお祝いしようか??と食い気ばかりに気を取られつつ見つけた素敵なお店。フレンチの「コムシコムサ」をご紹介します♪

『ビストロ Comme ci comme sa(コムシコムサ)』(京都)

牛フィレステーキにも負けないおいしさの鴨。バルサミコ酢とハチミツのソースが、これまた絶品!
『ビストロ Comme ci comme sa(コムシコムサ)』(京都)

発酵バター、黒オリーブのタプナードと共に供される全粒粉の自家製パン。これだけでも買って帰りたいくらいにおいしい♪
『ビストロ Comme ci comme sa(コムシコムサ)』(京都)

ともすると通り過ぎてしまいそうなくらいに、控えめなアピールのエントランス。でもこの奥には、「C'est bon!」なコムサワールドが待っているのです。

【店舗情報】
ビストロ Comme ci comme sa(コムシコムサ)
住所:京都市左京区仁王門通新高倉東入
住所:正往寺町462-102
TEL:075-771-0296
営業時間:12:00〜14:00 18:00〜21:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)


フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

赤い鳥居で有名な平安神宮から徒歩5分ほどの好立地。
昔ながらのお店が軒を連ねる二条通り沿いに柔らかく浮かび上がるエントランスの灯。
扉を開けると、「最高のホスピタリティ」と評されるマダムが満面の笑みで迎えてくれます。

ここ、コムシコムサは、本店からほど近い場所に建つホテルフジタや大阪のビストロなどで修業をしたシェフと奥様が、2000年にオープンしたお店です。二人だけで、切り盛りしているこのお店は、2人掛けのテーブル席が4つにカウンター6席のこじんまりしたビストロなのですが、毎日予約のみでいっぱいになってしまうという人気店なのです。かくいう私も、3度目の正直でようやくこのエントランスをくぐれた次第。否が応にも期待は高まります。
夜は月1ほどで内容が変わる¥5,775〜のプリフィクススタイルのコースが一種類のみ。アミューズ、選べる前菜3品、メイン、一口ごはんかチーズ2種の盛り合わせ、デザート、プチフールにドリンクがつき、選ぶメインによって価格が+α上がります。店内の優しい灯とアットホームな雰囲気にすっかりリラックスし、ワインを飲みつつ前菜を待つ私たち。一皿目のサーモンとパパイア、蟹とホタテ貝のエフィロシエをサーブするマダム。料理の説明の後、「どちらに?」シェアする気満々の私たちは一瞬の沈黙の後、「あ、じゃあ私が…」と手を挙げると、察したマダムはにっこりと笑って「半分コですね。」評判通り、とっても気さくで温かいマダムなのです。

お料理は、更に「マンゴーとフォアグラのソテー」「モンサンミッシェル産ムール貝とリングイネのプチグラタン」「コンソメの茶わん蒸し風」と続き、メインの「牛フィレステーキ」と「鴨のロースト」、そして一口ごはんとして「ガーリックライスのお茶漬け」、更にデザートの「コーヒーのブラマンジェ」と「クレーム・ド・ブリュレ」。
このコスパの高さ!特に私のお気に入りは、フォアグラの一皿でした。前菜にしておくのは勿体ないほどのボリューム!カリッとソテーされたフォアグラを口に運ぶと、トロ〜っと濃厚な食感…。臭みは全くありません。赤ワインで煮たマンゴーの甘酸っぱさが濃厚なフォアグラを軽やかに引き立てます。実はフォアグラは少し苦手だったのですが、初めて「おいしい!」とうなってしまうフォアグラに出会いました。吟味された素材と、丁寧に仕上げられたお料理。決して特別な派手さはないのですが、どの一品も手を抜いていない、誠実なおいしさなのです。
そして、特筆すべきなのがパンのおいしさ!
小ぶりの丸パンは、皮はあくまでパリッとこうばしく、生地はモッチモチ♪「おいしいパン屋がある」と聞くと、電車を乗り継ぎ神戸まで買いに行ってしまう私(笑)の、ストライクゾーンど真ん中!「どこのパン屋さんのものですか?」パンのお代わりを持ってきてくれたマダムに思わず聞いてしまいました。すると、マダムはにっこり笑って「自家製なんです。」驚きました。パンを販売していないのが残念・・。

このお店の魅力はお料理のおいしさだけじゃなく、先ほどから登場する素敵なマダムの心遣い!料理をサーブするたびにさりげなく言葉をかけてくれたり、チーズの盛り合わせを前に迷っている私に「ひとつおまけ」をしてくれたり、デザートのお皿にフランス語で「おめでとう!」が書かれていたり、コーヒーのお代わりを気遣ってくれたり…。まるで、誰かの家に遊びに来たかのような気さくで暖かな接客。「私は料理のことはさっぱり分からないんです。ただ、お客さまにおいしい料理を楽しく召し上がっていただき、にこにこして帰っていただきたいと思っているだけです。」というマダム。

「おいしい食事」というのは、舌だけで味わうものじゃないんだなあ…。お腹も心もすっかり満たされて、幸せ〜な気分で家路についたコムシコムサの夜でした。



BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。