フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2008/10/09 】 

こんにちは、ライターAです。先日金沢へ行ってきました。京都・鎌倉と古都好きなライターAには、金沢の街並もとてもしっくりきました。また和菓子のお店の多いこと多いこと!
歩けども、歩けども、和菓子屋さんが目に入ってきます。その度にお店に入ってお買い上げをしていたらいつの間にか両手に和菓子状態になっていました。
今回はそんな金沢で出会った和菓子屋さんから『俵屋あめ』&『中田屋』を紹介します。

飴の俵屋

大きな文字が目印の『飴の俵屋』。金沢で一番古い飴やさんの歴史を感じられます。
飴の俵屋「あめ工房」

しろ・きなこ・抹茶・ごまの4種類の「飴ん子」が詰まった「あめ工房」1,470円。
中田屋「毬栗(いがぐり)」

ディスプレイも秋の装いの「毬栗(いがぐり)」3個入り683円〜。

【入手方法】
飴の俵屋本店
住所:石川県金沢市小橋町2-4
TEL:076-252-2079
FAX:076-251-3525
営業時間:9:00〜18:00
営業時間:9:00〜17:00(日曜日)
定休日:不定休
http://www.ame-tawaraya.co.jp/

中田屋東山店
住所:石川県金沢市東山3-4-30
TEL:076-252-1048
FAX:076-252-9193
営業時間:8:00〜19:00
営業時間:9:00〜18:00 (日曜祝日)
定休日:なし
http://www.kintuba.co.jp/main.html


フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

金沢といえば兼六園、東町茶屋街、武家屋敷あたりを思い浮かべますよね。ライターAも例に漏れずばっちり観光コースを巡ってきました。ほんとに和菓子屋さんが多い中でもひときわ目をひいたのが、武家屋敷界隈の小川沿いにある『俵屋あめ』の大きな文字が書かれた暖簾。
数年前にJRのポスターにもなったようなので見たことある方もいるのではないでしょうか。

ここは金沢で一番古いあめ屋『俵屋』。創業は江戸の終わり頃だそうです。初代店主の次右衛門が母乳のでない母親達のために作りあげたのが、ここの看板商品「じろ飴」だと伝えられています。 「じろ飴」とは米と大麦が原料の水あめ状の飴で、その製法は前日に洗っておいた米を蒸し、蒸した米に砕いた大麦を混ぜ、お湯と一緒に仕込むという至ってシンプルな作業。その時の気候に合わせた温度、湿度、麦芽の量など秘伝の製法を忠実に受け継ぎ、今も大部分は手作業で行っているそうです。しかも砂糖・添加物は一切使われてなく、穀物本来の甘味を味わうことができます。砂糖を全く使っていない飴とはどんななんだろ〜って思っていましたが、食べてみると何だかなつかしい味。黄金糖やかんろ飴に近い味でとっても素朴です。
そのまま舐めても、ジャム等を混ぜてお湯などで割ってもおいしくいただけそうです。
またこのじろ飴はお料理にも使うといいこと満載みたいです。魚などの身を引き締めてくさ味をとってくれたり、味に艶とコクと深みを増してくれたりするそうですよ。
主婦の方ぜひ試してみてください。
私はこの飴に色々な味つけをして練り上げたミルキーのような「飴ん子」を購入。しろ・きなこ・抹茶・ごまの4種類入っていて、どれも身体に優しそうな素材の味がします。きなこはざらざらしたきなこ特有の粉の食感が残っているし、ごまはそのままのごまがびっしりと練り込まれています。見た目もかわいいのでおみやげにもオススメですよ。

そしてもう一つ,金沢できんつばと言えば、どのガイドブックにも『中田屋』が筆頭に上がってくるくらい有名なお店。今回は東茶屋街にほど近い東山店に行ってきました。色んなデパ地下などに支店もありますが、雰囲気も味わいたいなら東山店か元町店がオススメです。袋もしぶい龍が書いてあって、高級感があるのに5個800円〜とお手頃価格なのでちょっとした手みやげ等にもちょうどよさそうですよ。気になる日持ちも10日程度あるので安心です。
私も以前友達からいただいてあの味が忘れられなかったのですが、ようやく本場金沢でリピートすることができて感動☆じっくり味わった感想はと言うと、もちっとした皮に、中はしっとりとしたつぶ餡。たくさん入っている小豆は、かなり大粒だけど、とっても皮が柔らかい!でも、全然粒がくずれていないのが、またスゴイところ。甘さを引き立てるほんのり塩加減も絶妙です。ほんとに餡の味そのものしかしません。それもそのはず、原材料名を見ると,砂糖・小豆・小麦粉・寒天・塩のみです。本当においしい素材しか使ってないんだなってことが食べてみればすぐ分かります。濃い緑茶と一緒にいただけば至福のひとときになること間違いなしです。

「きんつば」はあまりに有名のようなので、今回は敢えて秋の限定商品「毬栗(いがぐり)」を紹介しちゃいますね。いも・栗・かぼちゃの秋の味覚大好きな女子はとっても多いのではないでしょうか。私ももちろんその一人で、栗って文字にムダに反応しちゃいます(笑)。そんな私なのでお店に入ったとたん目に入ってきた「毬栗(いがぐり)」。地元能登半島の艶やかな能登栗をふんだんに使用した、と書いてあっては食べないわけにはいきません。
こちら、形はきんつばなんですが、食べてみるときんつばというより栗そのもの。たくさんの栗にちょっとだけ羊羹が混ざっているって感じです。大粒のほくほくした栗とこし餡とのコラボ最高です!

今回紹介した商品はどちらもインターネット販売もしていますので、ホームページも見てみてくださいね。でもこれからの季節、兼六園もいい色づきをする頃なので、ぜひぜひ金沢へ♪そして三者三様の雰囲気を持った和菓子屋さん巡りをしてみるのも楽しいと思いますよ〜。



BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。