フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2008/08/28 】 

あつい、アツイ、とにかく暑い!毎年毎年、今年の夏が一番暑い〜と思いながら、なんとか日々を過ごしているライターJです。でもこんな時ほど夏をめいっぱい楽しまねば!と向かった先は、絶品かき氷が食べられるお店、『茶寮ぎょくえん』。ここのかき氷が楽しめるなら、夏の暑さも耐えられる…そんな気持ちになってしまう、偉大なかき氷なのです。

『茶寮ぎょくえん』のかき氷(京都・先斗町)

『茶寮ぎょくえん』のかき氷(京都・先斗町)

『茶寮ぎょくえん』のかき氷(京都・先斗町)


【店舗情報】
茶寮ぎょくえん
住所:京都市中京区先斗町
住所:三条北突当り石屋町126
TEL:075−231−8353
営業時間:14:00〜21:30(L.O.21:00)
定休日:木曜日(祝日の場合は翌日)
かき氷 4月下旬〜10月下旬頃


フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

場所は先斗町。四条通から狭〜い小路を北に上ったドン突きにあります。右手に鴨川、左手に高瀬側を望む、京都情緒あふれる場所です。細い路地が真夏の強い日差しを柔らげ、粋に着物を着こなした年配の女性が日傘片手に歩いている。飲食店の灯りが溢れる夜とは違って、昼の先斗町は飾らない素顔を覗かせているような懐かしい雰囲気が漂います。そんな先斗町の町並みに1978年創業のぎょくえんは、当時のこじんまりとした店構えを残したまましっくりと溶け込んでいます。

昼の2時という少し遅めのオープンにもかかわらず、2:30頃にお店に着くと既に10数名ほどのお客さんの列。「」遅かったか〜と思いつつ最後尾に着く私。けれどもお客さんのほとんどがかき氷目当てにやってくるだけあって、回転率は悪くありません。20分ほども待つと、ほどなく店内に入ることができました。
店内は4人掛けのテーブル席が3つ、小さなお座敷が1つという小さな造り。この日おひとり様だった私は、同じくおひとり様で列に加わっていたかわいらしい女の子と相席でした。
さてさて…と早速メニューを吟味。かき氷の種類はいちご、黒みつ、宇治、ミルク、みぞれをメインに、ミルク、金時、白玉などのバージョンも含めてざっと15〜6種類。宇治か黒みつか…と迷った挙句、黒みつミルク金時をオーダーしました。相席の女の子のチョイスは宇治ミルク金時。「ここに来るのは初めてですか?」「いえ、前にも何度か…。職場がここから近いんですよ。」初対面の人とも気軽に言葉を交わせてしまうのは、このお店の懐かしい空気感のせいかもしれません。

おススメのお店情報などを交換しつつ待つこと数分。噂のかき氷が運ばれてきました。まずその見た目の美しさにびっくり!氷がパウダー状ではなく、カンナで削り取られたかのような薄い繊維状なんです。それがガラスの器にふわっと盛られた様は、細ーい糸で織られた織物が重なり合っているような美しさ。早速スプーンでひとすくい。シャリッ、サリッという氷の感触はありません。あくまでフワッとした不思議な触感。口に入れると…「日本人でよかった〜!」思わず2人で顔を見合せて笑ってしまいます。柔らかい、とにかく柔らかい!まるで粉雪みたいに口の中でスーッと溶けます。氷を「食べている」感覚は皆無です。更にまんべんなくかけられた黒みつも本当に品の良い甘さ。食べ進めていくと、氷の山の中から心持ちかために炊かれた小豆がコロコロと顔をのぞかせます。あまりのおいしさに、思わず「食べて食べて!」と、お互いのかき氷を一口ずつ交換。抹茶も期待を裏切らないおいしさでした。雑味のない甘さとほんのりとした苦味が絶妙のバランス!それにしても、この独特な触感のかき氷は一体どうやって削ってるんだろう…。ふわっと口の中で溶けていくこの氷の薄さがあるからこそ、一層引き立つ黒みつの上品な甘さ。このおいしさは初めての体験です!最初は大きいかも…と思ったかき氷もペロッと完食して、お代わりもできちゃいそうな勢いでした(笑)。もちろん、頭がキーンとすることもありません。真夏の暑さをしばし忘れる至福のひと時でした。

風情あふれる先斗町で唯一無二の絶品かき氷。みなさんもぜひ、京都の夏をご堪能ください。



BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。