フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2008/04/24 】 

満開の桜もすっかりグリーンが強くなり、初夏の雰囲気をまとうようになりましたね。今年の春は、毎週のように京都を訪ねてくれる友人達を案内しつつ、宇治川の桜、京料理に京都カフェなど、たっぷりと京都を満喫したライターJです。
今回は、その中でも絶賛☆オススメ中の「枝魯枝魯ひとしな」をご紹介します!

枝魯枝魯ひとしな(京都)

最後のデザートまで真剣勝負!パプリカなどの野菜も、枝國氏の手にかかると素敵なデザートになってしまうのです。
枝魯枝魯ひとしな(京都)

新鮮な「山科の朝採りたけのこ」は湯がいてもいないのに柔らかい♪更に、それに添えられている生節が絶品!!木の芽の新鮮な香りに春を感じます。
枝魯枝魯ひとしな(京都)

ホームページもかっこいい!枝國ワールドを覗いてみて下さい。
http://www.guiloguilo.com

【店舗情報】
枝魯枝魯ひとしな
住所:京都市下京区西木屋町通り松原下ル
住所:難波町420-7
TEL:075-343-7070
営業時間:17:30〜23:00
H.P.:http://www.guiloguilo.com

フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

場所は、西木屋町松原下ル。このあたりは高瀬川沿いにぼんぼりが灯っていたりして、京情緒溢れるお気に入りの通りです♪ 繁華街、四条通から高瀬川沿いにずずーっと下り、ほんとにこんなとこにお店が??と思うほどの細い路地に、ポツンと灯る「枝魯枝魯」の文字。
小さな看板がポンと置いてあるだけの控えめな外観とは間逆に、扉を開けると、「いらっしゃいませー!」勢いよく飛んでくる板さんの声。コの字型のカウンターのみの1Fは、満員のお客さんとカウンターの中で調理をする板さんの活気で溢れんばかり!早速、満開の桜を眺める事が出来る高瀬川沿いの窓際の席を陣取りました。(ちなみに、2F席は6〜7卓ほどのテーブル席になっているようです。)

ここは、東京、名古屋、金沢でもお店をプロデュースしているオーナー、枝國栄一氏による、「くずし懐石料理」が有名なお店。2000年に一店舗目「枝魯枝魯」をオープンさせるとたちまち話題となり、人気ピーク時には予約13ヶ月待ちとまで言われた、超人気店。「食べる前から分かってしまうような料理にはしたくない」とオーナーが語る、「くずし懐石」ってどんな料理??期待は高まるばかり。お料理は、月替わりのコース(¥3,600)一種のみなのです。

まず出てきたのが、先付の「うすいえんどう豆のあんかけ茶碗蒸」。あんかけのだしがおいしい!京料理というと薄味と思われがちですが、素材のおいしさを引き出すためにはだしが命。だし自体の味を「おいしい!」と思えるお店は、何を食べてもおいしいのです。
中に入っている具材も、桜型に切られたクワイ、スナップエンドウ、トマト(!)、牛肉の練りこまれた白玉(!!)などなど、斬新なものばかり。それがまた、茶碗蒸に合うことにもびっくり!ポーションは小さいながらも、しっかりと手間隙を掛けて丁寧に作られた一品。続いて、八寸、こごみ・長芋・ミョウガをあしらい、石垣島のラー油につけて頂くかんぱちのお刺身、和風味豆乳ポタージュのようなクリーミーな椀物、生ぶしののったたけのこ、わかさぎの天ぷら、タコのマリネ、ふきのとう・うるい・ホタルイカなどが入った、板さん曰く「春を巻いた」春巻き、鯛しんじょのお汁、ご飯、そしてデザートにはパプリカのレアチーズ、桃酢で頂く豆乳のグレープフルーツゼリー、桜の生麩、桜アイスなどの盛り合わせ!
どれもこれも斬新な具材、調理法、初めて口にする食材も沢山あって、「これは一体どんな味?」と、口にするまで想像もつかないお料理ばかり。でもほんとに、どれもこれもおいしいんです!!料理ってほんと、アートだなあ〜。。
手間隙かけて調理された旬の食材、春を感じさせるこだわりの盛り付けなど、伝統的な懐石料理の流れを汲みながら、全く新しい手法で創り出されるお料理の数々。「今までに口にした事のない、おいしいものを」という、オーナーのこだわりをビシバシ感じました。

また、目の前で繰り広げられる若い板さんたちの調理パフォーマンスもライブ感満載!お料理の説明をしながらも、「どっから来はったん?」と気さくな会話も楽しめます。決して、「しっとりとした情緒の京割烹」ではないのですが、満員のお客さん相手に忙しく立ち回りながらも、料理する事を本当に楽しんでいる様子がよーく分かります。余談ですが、若い板さんたちのヘアスタイルも皆かなりアート!中には、季節に合わせて髪の毛で絵を描いてる板さんまで…。お料理も含めて、この空間全てがこだわりの枝國ワールドなんだなあ…と納得。更に今年の4月18日には「枝魯枝魯 パリ支店」もオープン!既に初日の予約は埋まっているそうです。

これからも止まることなく成長をしつづけていきそうな「枝魯枝魯」から目が離せません! 皆さんも是非、この枝國ワールドを体験してください♪



BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。