フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



フードスマイルガールの流行発信
【 2008/04/17 】 

東京の桜も終わりですね。先週末、最後のお花見をしてきた編集Tです。
さあ、これから、暑さ到来ですね〜。紫外線対策がんばりましょう!
今回は三軒茶屋に昨年秋にオープンしたトラットリア「QUATTO(クワット)」をご紹介です。

トラットリア「QUATTO(クワット)」(三軒茶屋)

黒板看板が目印です!コレを見つけたら2FへGO☆
トラットリア「QUATTO(クワット)」(三軒茶屋)

深夜4時までワインを楽しみましょう!
トラットリア「QUATTO(クワット)」(三軒茶屋)

おすすめ「焼き野菜の盛り合わせ」です。

【店舗情報】
QUATTO(クワット)
住所:東京都世田谷区太子堂2-23-2 2F
TEL:03-3795-4303
定休日:火曜日
営業時間:19:00〜28:00
H.P.:http://www.quatto2007.com
H.P.:http://r.gnavi.co.jp/p637400/

フードスマイルガールズ
常に笑顔を絶やさず、前向き人生を生きている幸せガールズ。
そんなガールズの共通点は発見することが大好きということ。
美味しいものはもちろん、隠れカフェからおすすめキッチン用品まで、
フードにまつわる様々な情報を女性の視点から発信!

●編集T
新情報GETが大得意!が、半面目移りが激しいふたご座女子。
●編集K
熱帯魚大好きマイペース人間。向かい打つは仕事後の一杯!
●ライターA
ミーハー魂&グローバルな視点をもつ自由奔放キャラは最強☆
●ライターI
王道の幸せ?堅実にマンション買っちゃいました♪
●ライターM
B型・一人っ子炸裂のいつまでも夢見る少女キャラは天才肌?!
●ライターS
お取り寄せ大好き&健康志向のほんわかガールズ。
●ライターJ
古きも新しきも素敵な京都を言葉とともにイラストで♪

場所は田園都市線三軒茶屋駅A5出口より茶沢通り右側を下北沢方面へ250メートル、まずは看板を見つけましょう!そして、2Fへ上がります。
店内に入ると、ダウンライトが目に優しく、シックなカウンターとオープンキッチンがお目見え。お一人様でも十分に楽しめますね。
奥には落ち着いたテーブル席がありますので、しっとりと楽しむことも可能です。

飲める2人でお邪魔したので、まずはビールで乾杯。
その後、メニューに目を通すと、自家製ソーセージをはじめとし、興味をそそるメニューばかり。悩みついた末、「焼き野菜の盛り合わせ」(980円)「自家製ソーセージ」(850円)「本日のパスタ〜からすみパスタ」(1260円)をオーダー。
契約農家より届く、新鮮なお野菜をシチリア産の岩塩でグリルした「焼き野菜の盛り合わせ」の感想は『とにかく甘い!』
最近は、野菜にこだわるお店が本当に増えてうれしい限りですが、ここのお店は本当に絶品な焼き具合。ポーションもなかなかなので、満足度はかなり高いですよ!

厨房はシェフが1人でしきっていて、サービスも女性1名のみ。
そのため、ゆったりと食事時間を楽しめる方にお勧めです。
絶品、自家製ソーセージの味付けはしっかりしていたので、お酒もすすみ、赤ワインへ突入。(ボトルは3500円〜)
そこで、「生ハム」と「チーズ」を適当に盛り合わせていただくオーダーを追加。
特に、常連でなくとも少しわがままが聞くお店はとても素敵ですよね。
私はここをフェイバリットリストに追加です。

シェフは三軒茶屋のイタリアンで修行を積み、2007年10月にこの地に独立をされたとのこと。友人は今も三軒茶屋在住、わたしも2年前までお世話になっていた地域だけに、三軒茶屋を愛する若き独立シェフを応援したくなりました。



BACK NUMBER
10月28日オープン 日本橋「YUITO(ユイト)」4階『XEX(ゼックス)日本橋』のオープニングレセプション 【 2010/10/29 】
和食割烹「すず木」(新富町) 【 2010/10/22 】
完全紹介制の隠れ家「園山」 【 2010/10/14 】
古い民家を改築した「骨太フレンチ ビストロアリゴ」(神保町) 【 2010/10/07 】
「美肌と健康を手に入れる、とっておきの話〜第1回 女性のためのブレックファーストセミナー〜」の参加レポート 【 2010/09/30 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。