フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



飲食店を世の中に発信する「フードライター」の目線の先をご紹介。
もちろん、情報収集方法は秘密です。あしからず。

今週のこの人この店このグルメ 【 2007/11/15 】 

GYRE

ル・プレヴェール

ル・プレヴェール


表参道高級ビル「GYRE」にフレンチ人気ビストロが日本初出店!

ル・プレヴェール


ル・プレヴェール


ル・プレヴェール


店舗リスト
ル・プレヴェール

住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1
住所:GYRE 4F
電話:03-3486-1603
営業時間:11:00〜24:00
http://www.lepreverre.com
http://gyre-omotesando.com/


11月2日オープン「GYRE」

コンセプトは「コンシャス・ラグジュアリー」。オランダの「MVRDV」がデザインを手がけたビルには、「シャネル」、「ブルガリ」、NY近代美術館より「モマ・デザインストア」などハイブランドや最先端フラッグショップが多数参入。レストラン部門では、4階に日本初上陸となるパリのビストロ「ル・プレヴェール」、5階に高級料亭「表参道うかい亭」が出店した。
地下フロアには、人気ベーカリー「デュヌラルテ」や紅茶の「ルピシア」などがオープン。
また、新しく表参道に遊び場が登場だ!

■ル・プレヴェールとは

フィリップ・ドゥラクルセル氏と弟マーク氏によって誕生した「ル・プレヴェール」はパリ・カルチェラタンの中心に2003年にオープンした「新しい感覚のビストロ」!スパイスの使い方が絶妙で、オープン以来、地元の顧客に愛され、今や予約がないと入れないほどだとか。
オーナーでありシェフのフィリップ・ドゥラクルセル氏は、フォションで5年間修行し、三ツ星シェフ・ベルナール・ロワゾー氏のもとでも働いた経験のある実力者。
その経験を持ちながら、日本・マレーシア・シンガポールなど、アジア圏で5年間過ごしたことが、彼にスパイスの新しい魅力を発見させたという。
フランスにもどり、パリ十五区に、ソムリエ&サービス担当のマーク氏と「Clos des Morillons」という本格派レストランを開店、15年間愛されたのちに、次のステージ「ル・プレヴェール」へという運びとなった。今後は、気軽に多くの方に味わっていただきたいというオーナー兄弟の思いからカジュアルな業態へと転換したのだそうだ。予約が取れなくて当たり前だ。

そんな、人気フレンチビストロが,2007年11月2日に表参道にオープンした。
まずは、コストパフォーマンスに笑顔になってしまう。その後、お料理がテーブルに運ばれてくるとお皿の上のデザインにまた「にっこり」。わくわくしながら、口に運ぶと、予想以上の刺激と感動を覚えた。口の中にほのかに残る、スパイスの香りが洗練されたお料理だと実感する。

ランチ
サラダor スープ+日替わりメイン+コーヒー=1200円
前菜+メイン(肉・魚のセレクト)+コーヒー=1800円
メイン+デザート+コーヒー=1800円
前菜+メイン+デザート+コーヒー=2500円

ディナー
前菜+メイン+デザート=4500円
ワインは自然派ワインをグラス一杯550円から楽しめる!
豊富なアラカルトメニューは毎日黒板に。

表参道の店舗は、光が差し込みとても明るく、ビルの中にいることを忘れてしまう。
内装やディスプレイ、全てにアートを感じながら、食事を楽しむことができる。
そして、ホールスタッフのもつ『トレンチ』(お盆)がとてもカラフルでおしゃれなことにも注目してほしい。



BACK NUMBER
サイトリニューアルのご報告 【 2010/10/29 】
ふるさと祭り東京2011-日本のまつり・故郷の味- IN 東京ドーム 2011年1月8日(土)〜16日(日)9日間  【 2010/10/22 】
メニューはダイエット・デトックス・美肌!体にやさしいお粥の店「粥TASCAL」9月27日虎ノ門にオープン! 【 2010/10/14 】
オープンモール型商業施設「たまプラーザ テラス」が10月7日(木)グランドオープン! 【 2010/10/07 】
2010年10月11日〜12日 第2回 ふくいのお米と食フェスタ開催(入場無料) 【 2010/09/30 】

転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。