フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



飲食店を世の中に発信する「フードライター」の目線の先をご紹介。
もちろん、情報収集方法は秘密です。あしからず。

今週のこの人この店このグルメ 【 2007/03/15 】 

渋谷 串「MIROKU(ミロク)」(東京・渋谷)

渋谷 串「MIROKU(ミロク)」(東京・渋谷)

渋谷 串「MIROKU(ミロク)」(東京・渋谷)


渋谷にできた新業態は“串専門店” 渋谷 串「MIROKU(ミロク)」(東京・渋谷)

渋谷 串「MIROKU(ミロク)」(東京・渋谷)

渋谷 串「MIROKU(ミロク)」(東京・渋谷)

渋谷 串「MIROKU(ミロク)」(東京・渋谷)

店舗データ
串専門店「36(ミロク)」

住所:東京都渋谷区
・住所:宇田川町35-6
・住所:下田ビルB1
TEL:03-3770-0855
営業時間:
月〜土
17:00〜24:00(L.O.23:30)
日・祝
16:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日:なし


■ 渋谷の新・「串専門店」

なるほど、こういう串もあったのか・・・・・・。串と言われると、串焼きとか串揚げのことがやはりまず頭に浮かぶ。ただ、渋谷 串「MIROKU(ミロク)」で一度食事をすると、“それ以外”の串料理が確かに存在するんだなと思いがけず気付かされる。
3月1日、東京・渋谷に開店した新店は串専門店。なんとメニューはすべて、串で提供される。店名は「串」をいったん「9(ク)と4(シ)」に分解して再度、掛け合わせた「36」。これを「MIROKU(ミロク)」と読ませる。オーナーによると、「料理を串で提供する意味をできるだけ深く掘り下げてみたかった」という。串で提供する料理を構成する要素をそれぞれのパーツ(素材)にいったん分解し、よおく中身を考えてから再び組み立て直した一連のプロセスがこの店名に表現されているのかもしれない。

■料理はすべて串料理

分解して再構築した串料理は確かに新しさに満ちている。もちろん、新しいとは奇抜な斬新さではなく、美味しそうだなと思える目新しさである。斬新さはメニューブックを開ければすぐに理解できる。すべてのメニューが絵入りで紹介されているからだ。一串100円の「出汁煮トマト」から「富士鶏もち大根おろし添え」(250円)、「フォアグラとカモのマデラソース」まで多彩な串メニューが並ぶ。料理長とオーナーが自分たちで描いたそれは“こうしたら美味しいんじゃないか”という思考の流れを詳細に書きとめた“設計図”のようでもある。カテゴリーは和串、洋串、串揚げ、串焼き、燻製に分かれ、各10種類程度用意されていて、眺める楽しさを味あわせてくれる。女性は“いろいろ少しずつ食べたい”ニーズを持っているとしばしば言われるが、このメニューはそんなニーズによくマッチしているのではないだろうか。

■立ち飲みエリアも

空間はさりげなく落ち着いていて、どことなく大人である。設計は近年、話題の立ち飲み店などを多く担当しているデザイン会社が担当。店内はエントランスすぐの場所にある立ち飲みエリアとテーブル席エリアに分かれ、状況に応じて使い分けられる。楽しいのは飲み放題。テーブル席は2000円、立ち飲み席は1500円で2時間飲み放題になる。ただ、飲み放題とはいえ、ドリンクカウンターに多数並んだきちんとした焼酎、興味をそそる梅酒などをセルフサービスで自由に楽しめる。特に梅酒はおもしろい銘柄が揃うため、少しずつ試飲するように楽しむ女性客が多いという。

■渋谷センター街の奥

場所は渋谷のセンター街を抜けたあたりにある「富士そば」の隣の地下。オープンして間もないが、週末になると客がひっきりなしに地下の新店に座席を求めて来店する。確かに渋谷の奥の方にあるには違いないが、すでにこの近辺にも、いつもとは違う何かを求め、これまでになかった何かを探し求めてくる消費者のニーズが渦巻いている。「ミロク」はそんなニーズにぴたりとはまっているのではないだろうか。

■健康系のドリンクメニュー

この店には新しい楽しみが散りばめられていて、次にいったら、どうやって遊ぼうかと、考えさせてくれる奥の深さがある。というのも、実はこの店、もう一つ「健康」というコンセプトを持っているのである。串揚げにはウコンの粉をまぶし、味に深みを持たせるとともに少しでも健康に気を使いたいという人に向けてアピールしているうえ、ドリンクメニューにも多くの健康系メニューを用意している。「黒酢サワー」(580円)や「ブドウ&ベリー酢サワー」(580円)など最近注目の果実酢を使ったものや「アボカドとミルクのカクテル」(600円)、「小松菜グリーンカクテル」(600円)、「キャベツとブロッコリー炭酸酎」(600円)などの野菜を用いたカクテルは、罪悪感のないドリンクとして興味をそそる。

■なかったタイプ

この「MIROKU」、もしかしたら東京になかったタイプの新店といえるかもしれない。もちろん、いろんなタイプの串料理を出す店なら他にもあるかもしれない。ただ、単なる串専門店ではなく、「立ち飲みか、テーブルか」「飲み放題にしようかどうしようか」「健康系のドリンクも気になるけどどうしようか」「串は何を選ぶか」などなど、まだまだいろんな使い方がありそうだと想像されてくれるあたりの奥深さは容易に“真似できない”という意味でなかったタイプと言える。果たして、渋谷の人々はこの「魅力」をどう判断するのか、注目である。



BACK NUMBER
サイトリニューアルのご報告 【 2010/10/29 】
ふるさと祭り東京2011-日本のまつり・故郷の味- IN 東京ドーム 2011年1月8日(土)〜16日(日)9日間  【 2010/10/22 】
メニューはダイエット・デトックス・美肌!体にやさしいお粥の店「粥TASCAL」9月27日虎ノ門にオープン! 【 2010/10/14 】
オープンモール型商業施設「たまプラーザ テラス」が10月7日(木)グランドオープン! 【 2010/10/07 】
2010年10月11日〜12日 第2回 ふくいのお米と食フェスタ開催(入場無料) 【 2010/09/30 】

転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。