フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



飲食店を世の中に発信する「フードライター」の目線の先をご紹介。
もちろん、情報収集方法は秘密です。あしからず。

今週のこの人この店このグルメ 【 2007/03/08 】 

「京都のお酢屋のお酢レシピ」飯尾さとみさん・飯尾淳子さん

「京都のお酢屋のお酢レシピ」飯尾さとみさん・飯尾淳子さん

「京都のお酢屋のお酢レシピ」飯尾さとみさん・飯尾淳子さん


「京都のお酢屋のお酢レシピ」飯尾さとみさん・飯尾淳子さん

「京都のお酢屋のお酢レシピ」飯尾さとみさん・飯尾淳子さん

「京都のお酢屋のお酢レシピ」飯尾さとみさん・飯尾淳子さん

「京都のお酢屋のお酢レシピ」飯尾さとみさん・飯尾淳子さん


出版物データ
−スローでおいしいお酢レシピ−

書名:京都のお酢屋のお酢レシピ
著者:飯尾さとみ・飯尾淳子
判型:B5判 112ページ
定価:1344円(税込)
書店発売:2007年3月9日
発行・発売:株式会社アスキー

飯尾醸造 HP
http://www.iio-jozo.co.jp/
(お取り寄せも可能)


■ お酢は「ブーム」から「定着」へ

「体が柔らかくなる」「血液がサラサラに」といった健康志向にぴったりとはまった「お酢」。
調味料という、昔ながらのイメージだけではなく、おしゃれなスローライフには欠かせない「ビネガー」ともなった。毎朝のドリンクとして愛用している人はかなりふえたのではないだろうか。「ソムリエ」ならぬ「スムリエ」などの登場で「ブーム」感も高まったが、今ではしっかりと「定着」したように思う。

■お酢屋の母娘が贈る、スローでおいしいお酢レシピ

さて、このたび、京都・飯尾醸造の母娘が、酢を使用し毎日の食卓でおいしく食べられる全51のレシピを収録した本を出版した。3月9日発売で全国の書店店頭やインターネット書店で購入できる。
今まで、飯尾醸造のサイトで公開していたレシピに大幅な加筆・修正をしたもので、とても愛らしいBOOKとなっている。
「毎日のごはんに使えるレシピ」はもちろんのこと、今話題の「お酢ドリンクレシピ」から「保存版・合わせ酢」といった基本ベースの配合まで、しっかりと掲載されているので、かなり重宝するのでは。

■ 飯尾醸造とは

「飯尾醸造」は京都・宮津にて明治26年創業。現当主、飯尾 毅氏で4代目となる。
「おいしくて、しかも安全な最高のお酢」を基本方針として、原料となる無農薬のおこめづくりから手がけている。日本古来の製造方法を用い、“酢もともろみ”をまず酒蔵で仕込み、そこから酢を作り出しているといったこだわりは圧巻である。
「飯尾醸造」といえば、98年には漫画「美味しんぼ」で紹介をされ、さらには「どっちの料理ショー」にも登場、その後も数々のメディアに取り上げられるほどの注目度である。
料理研究家、タレントなどの著名人も「お気に入り食材」として様々な場所で紹介しているため、ご存知の方も多いであろう。

■ 著者 飯尾さとみさん・飯尾淳子さん

さとみさんは、4代目に嫁いで30年あまり。「お酢レシピ」を考えるきっかけとなったのは、お寿司や酢のもの、酢漬けの作り方を知りたいという、お客様からの声だったとのこと。
さらには自らがデザインと書を手がけた果実酢のパッケージは「京都デザイン優品」に選定されるなど活躍の場は広がる。
淳子さんは飯尾醸造4代目の長女。飯尾醸造のお酢料理のレシピ、コピーライティング、HP作成などを執り行う。現在は、双子の兄とともに、東京・恵比寿「フードマエストロクッキングスクール」の講師も行なう。今後の活躍にも注目が集まる。



BACK NUMBER
サイトリニューアルのご報告 【 2010/10/29 】
ふるさと祭り東京2011-日本のまつり・故郷の味- IN 東京ドーム 2011年1月8日(土)〜16日(日)9日間  【 2010/10/22 】
メニューはダイエット・デトックス・美肌!体にやさしいお粥の店「粥TASCAL」9月27日虎ノ門にオープン! 【 2010/10/14 】
オープンモール型商業施設「たまプラーザ テラス」が10月7日(木)グランドオープン! 【 2010/10/07 】
2010年10月11日〜12日 第2回 ふくいのお米と食フェスタ開催(入場無料) 【 2010/09/30 】

転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。