フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



飲食店を世の中に発信する「フードライター」の目線の先をご紹介。
もちろん、情報収集方法は秘密です。あしからず。

今週のこの人この店このグルメ 【 2006/08/10 】 

野の葡萄 自然食ビュッフェスタイルレストラン

三尺三寸箸 自然食ビュッフェスタイルレストラン

はーべすと 自然食ビュッフェスタイルレストラン


自然食ビュッフェスタイルレストラン

自然食ビュッフェスタイルレストラン



■勢いのとまらない自然食ビュッフェ

いまや、自然食ビュッフェレストランが都内にもあふれている。
株式会社柿安が展開する『三尺三寸箸』や株式会社永谷園『ケケ』をはじめとし、株式会社クリエイトレストランツの『はーべすと』、FC展開も拡大の『野の葡萄』なども目に留まる。

ランチタイムは主婦層の方が列をなし、ディナータイムはOLからサラリーマンまでが夕食に訪れる現状。なぜこんなにヒットしているのだろうか。
まず、ひとつは料理の品数の豊富さにあるといってよいだろう。
1人分をつくる平日の主婦・単身者の夕食はどうしても品数が多くはならない。
中食を購入したところで4品程度である。その上、コストもバカにならない。
ところが、ビュッフェに行けばせいぜい3000円以内でサラダから煮物、お肉や魚のメインはもちろん玄米などの健康食にありつけ、さらにはデザートやコーヒーまでついてくる。
こんな美味しい外食はない。さらには「デトックス」や「ロハス」など自然志向のキーワードが世間をにぎわす今日この頃、有機野菜というキーワードや自然派というタイトルにだれもが惹かれていくのも無理はない。

■ホテルビュッフェとの違い

以前はビュッフェといえば、ホテルが主流であり一線を引っ張っていっていたように思う。
現在も様々な工夫を凝らし、展開しているものの今一歩街場のレストランに勢いは負けているといえよう。最近の外食産業の伸び率により、ホテルの宿泊者でさえ、その日の気分によって外へ繰り出して食を楽しんでしまう傾向にある。
ホテルならではのプライオリティも大切であるが、実際良心的な価格で安心かつ安全で美味しいものが自分の好きなだけ食べることが出来るとしたら、やはり街場のビュッフェレストランへ足をむけてしまうのは致し方ないように思う。
ホテルビュッフェで味わうものは大半にして、自宅で再現するには難しく、アイデアをいただくというレベルにさえ達しないが、自然食ビュッフェレストランは間逆の方式である。
「いつものきんぴらもこの素材を加えて一工夫するとこんなにも美味しいのか」という学びや、「この野菜とこの野菜の組み合わせは思いつかなかった」などなど。
特に主婦の方々は食べながら、レシピのアイデアを学んで帰っていくに違いないのである。

■ビュッフェレストランの今後

ただし、人間というのはとても目新し物が大好きで、ことに女性に関しては目移りが激しい生き物である。自然食ビュッフェレストランがブームになりつつ早3年。
現在も次々に展開を図りつつある企業が大部分であるが、そろそろ転換期を図ろうとしている企業もあるようだ。株式会社柿安はランチ・ディナーのビュッフェ形式を崩し、ランチはビュッフェ、ディナーはアラカルトといった新しいパッケージの展開を7月28日に横浜にオープンさせた。ライバルたちも負けてはいられないと今後の展開を見直すのではないだろうか。注目したい。



BACK NUMBER
サイトリニューアルのご報告 【 2010/10/29 】
ふるさと祭り東京2011-日本のまつり・故郷の味- IN 東京ドーム 2011年1月8日(土)〜16日(日)9日間  【 2010/10/22 】
メニューはダイエット・デトックス・美肌!体にやさしいお粥の店「粥TASCAL」9月27日虎ノ門にオープン! 【 2010/10/14 】
オープンモール型商業施設「たまプラーザ テラス」が10月7日(木)グランドオープン! 【 2010/10/07 】
2010年10月11日〜12日 第2回 ふくいのお米と食フェスタ開催(入場無料) 【 2010/09/30 】

転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。