フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



飲食店を世の中に発信する「フードライター」の目線の先をご紹介。
もちろん、情報収集方法は秘密です。あしからず。

今週のこの人この店このグルメ 【 2009/12/17 】 

World of Flavor Conference & Festival(WOF)

World of Flavor Conference & Festival(WOF)

World of Flavor Conference & Festival(WOF)


The CIA Worlds of Flavor 2010 テーマは「日本の味と食文化」

World of Flavor Conference & Festival(WOF)

World of Flavor Conference & Festival(WOF)

World of Flavor Conference & Festival(WOF)

熊谷喜八
熊谷喜八氏

徳岡邦夫
徳岡邦夫氏

三國清三
三國清三氏

村田吉弘
村田吉弘氏


“World of Flavor Conference & Festival(WOF)”とは

料理界のハーバードと言われる米国の名門料理大学CIA(The Culinary Institute of America)では毎年11月上旬の3日間にわたり、世界最大級の料理会議“World of Flavor Conference &Festival(WOF)”を行っている。全米から集まる料理人や料理研究家をはじめ、世界の食に携わるプロフェッショナルやそれを支えるさまざまな分野の人を対象とした、料理の世界に大きな影響を与えると評価される国際会議とされている。
2010年で13回目を数え、毎回チケットが完売する大型イベントだが、次回2010年11月の開催テーマ「日本の味と文化」。1カ国だけにテーマを絞ってフォーカスするのは2006年のスペインにつづいて2国目と大変希少。

【イベント詳細】
開催期間
2010年11月4日〜6日(3日間)
開催場所
CIA(The Culinary Institute of America)カルフォルニア州ナパバレー、グレイストーン校にて
テーマ
「日本の味と文化」−日本人が大切にしてきた日本料理、すしや懐石、その食材からおもてなしの全てー
日本の参加シェフ
約50名の料理人、食の専門家、アメリカ在住の日本人シェフ
*現在決定している参加シェフ
熊谷喜八氏(KIHACHI)、徳岡邦夫氏(京都吉兆)、三國清三氏(オテル・ドゥ・ミクニ)、村田吉弘氏(菊乃井)、森本正治氏(MORIMOTO Restaurant,ニューヨーク)、日下部光紀氏(Sushi Ran,カリフォルニア・サウサリート)

2009年12月9日プレス発表会が開催

まずは、Greg Drescher(プロジェクトディレクター)よりCIAについてとイベント概要説明を受ける。その後、各実行委員より参加に向けた決意表明の発表が行われた。

【村田吉弘氏】
「アメリカで日本食に注目が集まってきているのはとても良いこと。ただ、ブームではなくきちんと根付いた料理にするには、今が一番大事な時期。日本料理だけにとどまらず、日本そのものが商品。大きな国家戦略の一つとして、力を入れて臨みたい」

【徳岡邦夫氏】
「私は2007年のワールドフレーバーASIAの際にも参加いたしました。おコメのたき方や八寸の盛り方などをデモンストレーションしたのですが、なかなか思いどおりにいきませんでした。その思いを2010年にぶつけたいと思います。今回は日本の第一次産業、特に漁業ががんばっていることを伝えたいですね。」

【三國清三氏】
「日本に次々に外資系ホテルがオープンしているのに、日本人はトップシェフになれない。その理由はマネージメント能力の差にあると思っています。CIAは入学するために、数学の試験があるのです。今回アジア初のCIAは日本でなく、シンガポールに開校しました。シンガポールは政府が全面協力のもと料理人の教育に力を入れています。このイベントをきっかけに日本の政府も将来を見据え、協力をしてほしいと思います。」

【中村隆晴氏】(キッコーマン株式会社 執行役員)
「現在、私どものキッコーマンしょうゆは海外100カ国以上で使用されるようになりました。いかに料理に使っていただくか、を常に考えながら営業活動を行っています。その中で、レストランビジネスはとてもよいPRの場です。今回は、プロの方々に向け、日本の文化背景も合わせてご紹介できればなと考えております」

【青木時男氏】(マルコメ株式会社 代表取締役)
「今、日本はクールジャパンとしてアニメなどで注目されています。その上、健康に対して世界中の人が意識を向け始め日本食(みそ、しょうゆ、米)に関心をもっているのも事実です。私どもは、日本食を伝えていくのは大きな仕事だと認識し、2007年にロサンゼルスに工場を創設いたしました。
今回のイベントは更なるPRの場と考え、チームジャパンとしてがんばりたいと思います」

来場者は毎年約700名。そのうち、80%はオーナーシェフ、ほかにはホテルのシェフや給食産業のメニュープランナーや世界中のメディア関係者だという。
料理人の勉強のためのイベントのため、一般の方の参加は少々難しいようであるが、関心のある方はぜひ問い合わせを。

日本国内問い合わせ窓口

CIAプロジェクト事務局
住所:港区赤坂4-9-19 赤坂T.Oビル6F
住所:トーマスアンドチカライシ株式会社内
TEL:03-3403-9495 FAX:03-5785-1901 
メール:wof2010@chikaraishi.jp
日本事務局長:力石寛夫
コーディネーター:小枝絵麻
コーディネーター:若下 静
WOFイベント詳細:www.ciaprochef.com/WOF2010/
CIA詳細:www.ciachef.edu


BACK NUMBER
サイトリニューアルのご報告 【 2010/10/29 】
ふるさと祭り東京2011-日本のまつり・故郷の味- IN 東京ドーム 2011年1月8日(土)〜16日(日)9日間  【 2010/10/22 】
メニューはダイエット・デトックス・美肌!体にやさしいお粥の店「粥TASCAL」9月27日虎ノ門にオープン! 【 2010/10/14 】
オープンモール型商業施設「たまプラーザ テラス」が10月7日(木)グランドオープン! 【 2010/10/07 】
2010年10月11日〜12日 第2回 ふくいのお米と食フェスタ開催(入場無料) 【 2010/09/30 】

転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。