フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



飲食店を世の中に発信する「フードライター」の目線の先をご紹介。
もちろん、情報収集方法は秘密です。あしからず。

今週のこの人この店このグルメ 【 2009/09/17 】 

Joe's Shanghai New York(ジョーズ・シャンハイ・ニューヨーク)(池袋サンシャインシティ)

Joe's Shanghai New York(ジョーズ・シャンハイ・ニューヨーク)(池袋サンシャインシティ)

Joe's Shanghai New York(ジョーズ・シャンハイ・ニューヨーク)(池袋サンシャインシティ)


NY発!「Joe's Shanghai New York(ジョーズ・シャンハイ・ニューヨーク)」が9月18日(金)池袋サンシャインシティ59階にオープン!

Joe's Shanghai New York(ジョーズ・シャンハイ・ニューヨーク)(池袋サンシャインシティ)

Joe's Shanghai New York(ジョーズ・シャンハイ・ニューヨーク)(池袋サンシャインシティ)

店舗情報
Joe's Shanghai New York

住所:豊島区東池袋3-1-1
●住所:サンシャイン60ビル59F
TEL:03-5952-8835
営業時間:11時30分〜23時(L.O.)
定休日:年中無休
席数:112席(個室4室、6名用と10名用)
ぐるなび
本国HP

■ 2009年9月18日(金)海外初出店は日本!

極上の蟹味噌小籠包と一緒に本格的な上海料理が楽しめる、日本には今までなかった新しいスタイルのレストラン「Joe’s Shanghai New York(ジョーズ・シャンハイ・ニューヨーク)」。本場NYでは1994年にチャイナタウンにオープン以来、常に30分〜1時間の待ち時間を要している。ひと月の来店客数はチャイナタウン店だけでも2万人以上だという。現在はNY市内に3店舗、HBOの人気ドラマ「Sex and the city」の舞台にもなったことでも有名になった。
看板メニューの蟹味噌小籠包はハリウッドスターやクリントン元大統領を始めとし、日本の有名人にもファンが多いことでも知られている。
さて、そんな人気店の海外第一号店が日本に登場する。
運営をするのは、ジョーズシャンハイジャパン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役:梅野貴典)である。もともと代表の梅野氏がNY在住時にここの小龍包の虜になり、いつかは日本のこの味を伝えたいと思っていたそうだ。
「台湾や、香港、上海でも数々の小籠包専門店を食べ歩いた上で、「世界一」と自信をもってお奨めできる行列の味を、ぜひここ日本でご体験ください」と梅野社長。

■ 池袋サンシャインシティレストランフロア59階

さて、「Joe’s Shanghai New York(ジョーズ・シャンハイ・ニューヨーク)日本第一号店の出店場所は、2009年に次々にリニューアルを行い、12月にはグランドオープンを控えている、池袋サンシャインシティ59階のレストランフロア。
眺望が素晴らしく、夜景は吸い込まれるような美しさだ。
内装は「モダンチャイニーズスタイル」をコンセプトに、NYで流行のスタイルを取り入れたラグジュアリーな空間を演出。ビビットな赤い照明が店内を彩っている。
9月16日(水)レセプションパーティは、入場制限が起きるほどの大盛況ぶり。
小籠包はもちろんのこと、芝海老のチリソース煮やカニ肉チャーハンも大人気。
杏仁豆腐はコクがあり、感動を覚えた。
ディナーコースは、5000円〜、ランチも1500円のコースからとリーズナブル。
この秋、注目の店舗である。


BACK NUMBER
サイトリニューアルのご報告 【 2010/10/29 】
ふるさと祭り東京2011-日本のまつり・故郷の味- IN 東京ドーム 2011年1月8日(土)〜16日(日)9日間  【 2010/10/22 】
メニューはダイエット・デトックス・美肌!体にやさしいお粥の店「粥TASCAL」9月27日虎ノ門にオープン! 【 2010/10/14 】
オープンモール型商業施設「たまプラーザ テラス」が10月7日(木)グランドオープン! 【 2010/10/07 】
2010年10月11日〜12日 第2回 ふくいのお米と食フェスタ開催(入場無料) 【 2010/09/30 】

転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。