フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



飲食店を世の中に発信する「フードライター」の目線の先をご紹介。
もちろん、情報収集方法は秘密です。あしからず。

今週のこの人この店このグルメ 【 2009/07/23 】 

カフェBAR「CASE#00001」(ケース・ワン)(渋谷)

カフェBAR「CASE#00001」(ケース・ワン)(渋谷)

カフェBAR「CASE#00001」(ケース・ワン)(渋谷)


渋谷の“カフェビル“に「CASE#00001」がニューオープン!

カフェBAR「CASE#00001」(ケース・ワン)(渋谷)

カフェBAR「CASE#00001」(ケース・ワン)(渋谷)

カフェBAR「CASE#00001」(ケース・ワン)(渋谷)

店舗情報
CASE#00001

住所:東京都渋谷区神南1-15-7
●住所:COENビル5F
電話:03-5456-2522
営業時間:(今後ランチ営業予定あり)
平日18:00-26:00
金・土・祝日前18:00-28:00
HP:http://ameblo.jp/case00001/

■ カフェBAR「CASE#00001」(ケース・ワン)の誕生

「CASE#00001」(ケース・ワン)のグランドオープンは7月2日(木)、店舗物件の話が持ち上がってからおよそ一ヶ月でのオープンだという。
今回のニューオープンの場所を聞いて驚く方も多いのではないだろうか。90年代のカフェブームを牽引し、“渋谷系”の発信地として一時代を築いた「カフェ・アプレミディ」の跡地であるからだ。
オープンから10年「音楽のある風景」として様々なカルチャーを発信してきた、橋本徹氏から空間を受け継いだのは、ともに33歳の二人のオーナー、大場健志(おおばたけし)氏と近藤威志(こんどうたけし)氏である。
【CASE】とは、ここに集まる事物によって彩られる「容器」と、様々なコラボレーションを生み出す「事例」を意味するという。
まずは、ディナータイム・BAR営業からスタート。今後はランチタイムとカフェタイムの営業を開始するという。
現在、20坪の空間では様々なコラボレーションが繰り広げられている。

コラボレーション1

国内トップスピーカーメーカー田口製作所と、店舗内装を手がけた熊工房の協力によりオリジナルのスピーカーの開発が実現。今後は、アーティストによるライブ演奏やDJパーティなどを開催していく。
http://www.taguchi-craft.com/
http://www.kumakoubou.com/

コラボレーション2

農業家、山内生子さん(28歳)から届くこだわりの有機野菜。もちろん産地直送のため、お野菜の濃厚な旨みを感じることができる。
http://hrpkganmo.exblog.jp/

コラボレーション3

店内にはギャラリーが併設され、単なるカフェ展示に留まらないアート作品展示が行われている。
現在は、遠山敦 展「UNTITLE#00001」会期:2009年7月15日〜26日が開催中だ。
http://hgfc.jp/atsushi_toyama/

■ 7月16日(木)レセプションパーティー

関係者向けの、パーティに足を運ぶと大盛況。
山内さんから届いた新鮮野菜が板前出身の料理長によって素敵にアレンジされた料理は見た目も食欲をそそる。テーブルに出てくるたびに、瞬間でなくなっていく状況が料理のおいしさを物語る。
当日の店内には、DJブースが設置され、まさに「音楽のある風景」が引き継がれている空間であった。
今後も新たなコラボレーションを行っていきたいというオーナーのお二人。
関心のアル方はぜひ提案を!
CASE#00001 大場 まで

BACK NUMBER
サイトリニューアルのご報告 【 2010/10/29 】
ふるさと祭り東京2011-日本のまつり・故郷の味- IN 東京ドーム 2011年1月8日(土)〜16日(日)9日間  【 2010/10/22 】
メニューはダイエット・デトックス・美肌!体にやさしいお粥の店「粥TASCAL」9月27日虎ノ門にオープン! 【 2010/10/14 】
オープンモール型商業施設「たまプラーザ テラス」が10月7日(木)グランドオープン! 【 2010/10/07 】
2010年10月11日〜12日 第2回 ふくいのお米と食フェスタ開催(入場無料) 【 2010/09/30 】

転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。