フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



飲食店を世の中に発信する「フードライター」の目線の先をご紹介。
もちろん、情報収集方法は秘密です。あしからず。

今週のこの人この店このグルメ 【 2009/04/16 】 

カラフルパスタ「Padonni」(パドンニ)

カラフルパスタ「Padonni」(パドンニ)

カラフルパスタ「Padonni」(パドンニ)


南イタリア・プーリア州、「ジョイア・デル・コッレ(喜びの丘)村」から届く食提案!

カラフルパスタ「Padonni」(パドンニ)

カラフルパスタ「Padonni」(パドンニ)

カラフルパスタ「Padonni」(パドンニ)

カラフルパスタ「Padonni」(パドンニ)

カラフルパスタ「Padonni」(パドンニ)

カラフルパスタ「Padonni」(パドンニ)

問い合わせ先
株式会社宏和商工
住所:東京都豊島区東池袋3-20-9
●住所:宏和ビル
TEL:03-3985-5772
HP:http://www.mylabel-kowa.co.jp/
●HP:http://www.cocoro-gift.com/

■ 新感覚カラフルパスタ「Padonni」(パドンニ)

温暖な地中海性気候に恵まれた「イタリアの台所」と称えられる食の宝庫である南イタリア・プーリア州、ジョイア・デル・コッレ村から新しい食提案が日本へ届いた。1920年に設立されたPastificio del colle社より、カラフルパスタが日本名「Padonni」(パドンニ)として、日本での販売を開始したのである。
目にも鮮やかな色とりどりのパスタに、心惹かれない女性はいるだろうか?
とてもかわいい帽子の形から、リボンに至るまでコレだけカラフルな発色をしているが、すべて天然色素をもちいているため、添加物は一切入っていないという。
オレンジはパプリカ、黄色はクルクマ、グリーンはほうれん草、ピンクはビーツ、黒色はイカ墨で色づけされている。
「パスタの原料のデユラムセモリナ小麦の風味豊かさと手打ちうどんのようなもちもちとした食感から日本向けブランド名を「Padonni」(パドンニ)としたんです」と微笑みながらお話いただいたのは、日本総代理店の株式会社宏和商工のBUONO!事業部担当、三浦とも子さん。
現在、「Padonni」(パドンニ)は、レストランからの需要も増え、ウェディングギフトとしても人気が出ている。

■ 「食を楽しむことは、人生を楽しむこと」

株式会社宏和商工(本社:豊島区東池袋 代表取締役:長岡 泰山)は1988年に設立、ブライダルギフト提案とともに、日本酒酒造工場をもつという多角的な経営を推し進めてきている企業である。上記、パスタとの出会いはフランスの食品展示会だったそうだ。
「パスタを通じて、ジョイア・デル・コッレ村の人々の食に対する想いを知り、“日本も食をもっと大事にしなくては“と感じました。プーリア州の人々は『食を楽しむことは、人生を楽しむこと』という考え方なのです。パスタをきっかけにジョイア・デル・コッレ(喜びの丘)村を日本へ紹介したいとも思いました。実際に弊社代表と村を訪問した際には、彼らの食に対する意識に刺激を受けました。パスタ職人がひとつひとつ丁寧に手作りしている様子にも感動しましたし、素材本来の美味しさがあるため、料理すべてがシンプル!
写真を見ていただいてもわかる通り、サンサンと降り注ぐ太陽の下で、人々が常に笑顔でのびやかに生活している様に、引き込まれてしまいます。」

■ Mancino家のオリーブオイル「OLIO」と
Colapinto家のワイン「Primitivo」


豊富な農作物に恵まれたプーリアはオリーブの栽培とワインの産地としても有名な地。
パスタを通じジョイア・デル・コッレ村の人々と交流を図る中で、同村の伝統ブランドを2つ紹介されることとなる。
ひとつは最高級のオリーブオイルを作り続けている1976年設立のSan Domenico S.n.c.di V.Mancio&C.社。伝統的な自然方式により栽培し、熟した瞬間に手摘みし、すぐにプレスされるという、エキストラ・バージン・オリーブオイルは「オリーブのジュース」といわれているほどである。
そしてもう一つが、1788年設立のワインメーカーTerra Jovia S.r.l.社、葡萄の品種「プリミティーボ」100%のワインのみを醸造している。
庭園に囲まれたワインシャトーの中にはColapinto家所有の協会があり、ワイン山地の中でも由緒ある農園といわれている。
この3つのブランドを通じ、南イタリアの豊かな食文化を日本へ提案し続けているが、「まだまだ新しい提案を開拓していきます」と三浦さん。
「今後はミニサイズの持ち運び調味料セットなども考えていこうと思っています。個人が自分の身体をより気にする時代に入っていくと思いますので」
まずは、新感覚カラフルパスタ「Padonni」(パドンニ)を食し、ジョイア・デル・コッレ(喜びの丘)村を感じてみてはいかがだろう。問い合わせ先HPにてネット通販も可能だ。
安全で高品質しかも見た目にも美しく、遊び心があるスローフードの発祥の国イタリアならではの食材たちは私達に「食を楽しむ余裕」を教えてくれる。


BACK NUMBER
サイトリニューアルのご報告 【 2010/10/29 】
ふるさと祭り東京2011-日本のまつり・故郷の味- IN 東京ドーム 2011年1月8日(土)〜16日(日)9日間  【 2010/10/22 】
メニューはダイエット・デトックス・美肌!体にやさしいお粥の店「粥TASCAL」9月27日虎ノ門にオープン! 【 2010/10/14 】
オープンモール型商業施設「たまプラーザ テラス」が10月7日(木)グランドオープン! 【 2010/10/07 】
2010年10月11日〜12日 第2回 ふくいのお米と食フェスタ開催(入場無料) 【 2010/09/30 】

転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。