フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



飲食店を世の中に発信する「フードライター」の目線の先をご紹介。
もちろん、情報収集方法は秘密です。あしからず。

今週のこの人この店このグルメ 【 2008/05/15 】 

インフォマート

H-Y SYSTEM

経革広場 食材甲子園


インフォマート「勝ち組になる飲食店セミナー」参加レポート

無料セミナー紹介
5月28日(水)14時〜15時30分
定員30名
食の品質管理セミナー
「仕入れの中国産を原料まで把握できていますか?」
詳細問い合わせは
株式会社インフォマートまで

食の品質管理セミナー「仕入れの中国産を原料まで把握できていますか?」

■ 勝ち組になる飲食店セミナー

インフォマートといえば、フード業界に特化した企業間ECプラットフォームを運営、現在飲食業を中心に、17000社が活用しているシステムを構築した企業だ。今年で創業10周年である。5月14日(水)14時から、港区芝パークホテル内において、開催されたインフォマートのセミナーに参加、その内容を今回はレポートする。

第一部は、現在47都道府県の郷土料理を展開中の株式会社エイチワイシステム 代表取締役 安田久社長の講演が1時間30分。第二部は、株式会社インフォマートASP事業部 大島部長による仕入れ革命のセミナーであった。
参加者は男性が95%、女性5%といった比率。100名以上の聴講者があつまり会場は熱気に包まれていた。

■ 株式会社エイチワイシステム 安田社長

TV番組『マネーの虎』で一躍全国区となった、安田社長の講演。
まず、いままでの店舗プロデュースから、TV出演の内容がまとまったVTRを見た後、安田社長の講演は開始された。
半生を語っていただき、表面的に感じていた印象が大きく変わった。
現場15年→刑務所レストランで成功→TV出演等で絶頂期→倒産の危機→再生期
天国と地獄を見た人の言葉はとても重みがある。
幾つか、抜粋して紹介する。
  • 『無理』や『不可能』を口にしたら未来はこない。
  • 奇跡を待っている人にはやって来ない。行動した人にのみやってくる。
  • 失敗した時に声をかけてくれる人こそ本当の仲間。
  • やる気は普通、本気は本物。
そして、最後に自分を2勝98敗と表現された。現在、安田社長は郷土料理で地方を活性化させ、さらには世界へ羽ばたかせようと躍進している。

■ インフォマート ASPシステムについて

現在、外食産業を取り巻く環境は、「経費の増大」「仕入れ価格の高騰」「食の安全・安心」といった様々な問題に直面し、利益が生み出しにくくなっていると大島部長。
外食企業の収益向上のための施策として考えていることのアンケートをとったところ、
下記の結果とのこと。

1位 店舗オペレーションの効率化
2位 不採算店舗の閉鎖
3位 人件費の圧縮
4位 食材の見直し
5位 仕入先の見直し

この結果を受け、様々な方法論のもとインフォマートのシステムの特徴と導入のメリットが紹介された。

システムの特徴
  1. 導入、運用・保守コストが安価である、導入までが短期間である。
  2. 使いやすく、フード業界特有の商習慣に対応している。
  3. 取引先が既に多数参加されて、賛同が得られる
導入のメリット
  1. 会社のスリム化
    納品伝票管理、請求書支払い業務、経理システム
  2. 仕入れのスリム化
    単品管理、一物ニ価、スケールメリット、店舗管理
  3. 店舗のスリム化
    発注業務の標準化、検品業務の標準化、棚卸し業務の標準化
これからの時代、人材不足も否めない中、システムの導入は避けられないと実感した。



BACK NUMBER
サイトリニューアルのご報告 【 2010/10/29 】
ふるさと祭り東京2011-日本のまつり・故郷の味- IN 東京ドーム 2011年1月8日(土)〜16日(日)9日間  【 2010/10/22 】
メニューはダイエット・デトックス・美肌!体にやさしいお粥の店「粥TASCAL」9月27日虎ノ門にオープン! 【 2010/10/14 】
オープンモール型商業施設「たまプラーザ テラス」が10月7日(木)グランドオープン! 【 2010/10/07 】
2010年10月11日〜12日 第2回 ふくいのお米と食フェスタ開催(入場無料) 【 2010/09/30 】

転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。