フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



飲食店を世の中に発信する「フードライター」の目線の先をご紹介。
もちろん、情報収集方法は秘密です。あしからず。

今週のこの人この店このグルメ 【 2008/05/08 】 

愛知岡崎・八丁味噌「カクキュー」工場見学

愛知岡崎・八丁味噌「カクキュー」工場見学

愛知岡崎・八丁味噌「カクキュー」工場見学


愛知岡崎・八丁味噌「カクキュー」工場見学

愛知岡崎・八丁味噌「カクキュー」工場見学



愛知岡崎・八丁味噌「カクキュー」工場見学



工場見学情報
合資会社八丁味噌 カクキュー

工場見学受付時間:9:00〜17:00
(大小駐車場完備)
TEL:0564-21-1355
FAX:0564-21-1382
Eメール:shop@hatcho-miso.co.jp


■ 名古屋めしに欠かせない素材

名古屋めしといえば、「味噌煮込みうどん」「味噌おでん」「味噌かつ」どれも、いわずと知れた赤味噌が用いられている。赤味噌=八丁味噌という名前までは浸透しただろう。NHK朝の連続テレビ小説『純情きらり』の舞台となったことで、知った方も多いのではないか。
一般に、愛知=名古屋となっているが名古屋名物で名古屋市発祥のものはあまり多くない。
八丁味噌もそのひとつ、発祥の地は名古屋市からみて南東に位置する岡崎市だ。
今回は、有形文化財に指定されている合資会社八丁味噌(カクキューブランド)の工場見学をしてきたので紹介する。
まずは、八丁味噌基本知識を簡単にご説明しよう。 (工場見学資料より引用)

誕生からひろがり
家康生誕の岡崎城より西へ八丁はなれた八町村、ここにて当家の始祖・久右ヱ門勝久が味噌の仕込みを始めたのが、八丁味噌の起こりと伝えられている。
八丁味噌の創業は江戸時代初期だが、早川家にはそれ以前すでに優れた豆味噌を造る技術があり、それによってできた味噌は風味の良さと長期保存ができ携行に便利なため、三河武士の兵糧としても愛された。 そして、徳川家康の江戸開府にともない、関東地方の人々に親しまれるとともに、大名の参勤交代により広く全国にその名を知られるところとなった。現在の当主は19代目である。

赤味噌=豆味噌
良質の大豆と食塩、水、これが八丁味噌の原料。蒸した大豆を味噌玉にし、それを豆麹にして水と食塩で仕込み、そして二夏二冬以上天然醸造させる。永く仕込み置くため色も濃く固いので、辛口と思われるが、塩味はひかえめ。植物性不飽和脂肪酸も多く含まれ、また大豆蛋白質も良くアミノ酸に分解されており、消化吸収の良い栄養食品である。
 また、食品添加物は一切使用しておらず、加熱処理もしていないので、生きた自然食品と言えよう。

■ 無料工場見学は30分

工場見学は、当日受付でOK,時間ごとで区切られ、元気なガイドのおばさまが案内をしてくれる。
資料館へ足を踏み入れると、そこには江戸時代の看板等が展示されていて歴史を感じざるを得ない。様々な過去の資料から、南極探検隊が持参した事実などにも驚かされる。
その後、八丁味噌の製造工程の説明を受け再度驚く。一部の工程は機械化に移行したものの、高さ180センチもある味噌樽に味噌を詰め込み、重しの石を3トンも載せる味噌の寝かし方法は創業当時とまったく同じ手法をとっている。ガイドさんによると、地震が来ても石が崩れないように計算された積み上げ手法は、専門の職人さんが2名で行っているとのこと。積み上げの修行は5年だそうだ。寝かし蔵の中はなんともいえず神聖な趣で圧巻だった。一つの樽には6トンの味噌が眠っており、もしその樽を買い取り、毎日1人で味噌汁を飲むとすると、800年は軽くかかるそうだ。見学の最後は味噌汁の試飲、2種類の味比べ、年代を問わずとても楽しむことができる内容だった。



BACK NUMBER
サイトリニューアルのご報告 【 2010/10/29 】
ふるさと祭り東京2011-日本のまつり・故郷の味- IN 東京ドーム 2011年1月8日(土)〜16日(日)9日間  【 2010/10/22 】
メニューはダイエット・デトックス・美肌!体にやさしいお粥の店「粥TASCAL」9月27日虎ノ門にオープン! 【 2010/10/14 】
オープンモール型商業施設「たまプラーザ テラス」が10月7日(木)グランドオープン! 【 2010/10/07 】
2010年10月11日〜12日 第2回 ふくいのお米と食フェスタ開催(入場無料) 【 2010/09/30 】

転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。