フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



のせ弁レシピ
さんまがメインのおかずのせ弁
今が旬の脂がたっぷりのった肉厚さんまにひと工夫加えたさんまののせ弁に仕上げました。
さんまの黒胡椒かばやきのせ弁
さんまを黒胡椒と山椒をたっぷり入れたたれで漬け込み、ピリッとスパイシーなさんまかば焼きに仕上げました。
さんまの黒胡椒かばやきのせ弁 レシピ
【さんまかばやき】
・生さんま(開き)・・1尾
・つぶし黒胡椒・・・2g
・実山椒・・・・・・2g
・すき焼きのたれ(市販)・・40g
・片栗粉・・・適量
・サラダ油・・・適量
【トッピング野菜】
・カイワレ大根・・10g
・赤パプリカ・・10g

●盛りつけ●
・ごはん・・250g
・さんまかば焼き・・1尾分
・トッピング野菜・・20g
・白髪ねぎ・・・・・5g
・つぶし黒胡椒・・・1g
【さんまかば焼き】
(1)さんまを1/4カットする。
(2)黒胡椒ホールと実山椒はスプーンの裏でつぶし、すき焼きのたれに加えかばやき用のたれを作っておく。→point参照。
(3)(1)のカットしたさんまに(2)のたれを半量まぶし、さらに片栗粉をまぶす。
(4)フライパンにサラダ油を多めに熱し、(3)のさんまを入れ揚げ焼きにしフライパンの油を除く。
(5)かばやきのたれの残りを(4)のフライパンに加え、煮絡める。→point参照。

【トッピング野菜】
(1)カイワレ大根をカットし赤パプリカを薄切りスライスにして混ぜておく。

【盛りつけ】
弁当箱に、粗熱を取ったごはんを入れる。
トッピング野菜をのせる。
さんまのかばやきを盛り、白髪ねぎをのせ、つぶした黒胡椒をトッピングする。
ポイント
【1】市販のすきやきのたれにつぶした黒胡椒と実山椒を加え、お手軽スパイシーかばやきたれが完成。

さんまの黒胡椒かばやきのせ弁

【2】さんまに片栗粉をまぶし揚げ焼きすることで食感よく、たれも良く絡みます。

さんまの黒胡椒かばやきのせ弁
さんまの野菜ロールフライのせ弁
さんまに野菜を巻き上げてボリュームを出したロールフライです。梅味と衣の青しそがごはんと良く合い食欲をそそります。
さんまの野菜ロールフライのせ弁 レシピ
【さんま野菜ロールフライ】
・生さんま(開き)・・・1/2本
・梅干し・・・1個
・いんげん・・2本
・人参・・・・10g
・エリンギ・・10g
・天ぷら粉(まぶし用)・・適量
・天ぷら粉・・30g
・水・・・・・30cc
・青しそふりかけ・・2g
・サラダ油・・適量
●盛りつけ●
・ごはん・・200g
・レタス千切り・・10g
・マヨネーズ・・5g
・さんま野菜ロールフライ・・3カット
・コリアンダー・・2g
【さんま野菜ロールフライ】
(1)さんまの開きは半分にカットして種を取ったうめほしを全体に塗る。→point参照。
(2)いんげん・人参・エリンギを同じ大きさにカットし、ラップをしてレンジにかけ火を通す。
(3)(1)のさんまで(2)の野菜を巻き上げる。
(4)天ぷら粉に、青しそふりかけ、水を加えて衣を作る。
(5)天ぷら粉をまぶし、(4)の衣をからめて油で揚げる。
(6)油を切り、3カットに切る。

【盛りつけ】
弁当箱に粗熱を取ったごはんを入れ、千切りにしたレタスをのせ、マヨネーズをのせる。
その上にさんま野菜ロールフライをのせ、コリアンダーをトッピングする。
ポイント
【1】さんまに梅肉を塗ることで、味付けに加え臭み消し効果ありです。

さんまの野菜ロールフライのせ弁

【2】天ぷら粉に青しそふりかけを加えると、香りよく程良い塩味の効いた青しそ衣に仕上がります。

さんまの野菜ロールフライのせ弁
愛場 千恵子 愛場 千恵子
飲食プロデュース企業(株)クーニーズ・アソシエ所属
フードプランナー・栄養士
数々の飲食店・食品メーカー等のメニュー開発を行う。
美味しいものを食べている時と、お酒を飲んでいる時がいちばん幸せ。

BACK NUMBER
さんまがメインのおかずのせ弁 【 2009/10/01 】
海老がメインのおかずのせ弁 【 2009/08/27 】
鶏ささみ肉がメインのおかずのせ弁 【 2009/07/30 】
豚ひき肉がメインのおかずのせ弁 【 2009/06/25 】
豚ばら肉がメインのおかずのせ弁 【 2009/05/21 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。