フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン

フードカルチャーの次代をウォッチ!する先端ウェブマガジン FLAVO

今週のこの人・この店・このグルメ! フードスマイルガールズの流行発信 郷土料理で世界一周
ショク(食&職)を極める! 仲間と歩む、独立の形 のせ弁 転職の作法



のせ弁レシピ
チキンがメインのおかずのせ弁
お弁当に使いやすいチキンをメインにしたおかずのせ弁をご紹介いたします。
チキンの下処理によって、冷めても美味しくお弁当にピッタリのチキン料理に仕上がります!
コリアンチキンのビビンバ風のせ弁
チキンをコチュジャンでコリアン風に仕上げ、レンジで簡単に仕上げたナムルを添えたビビンバ風のせ弁です。
レシピ
【コリアンチキン】
・鶏モモ肉・・・60g
・塩・・・適量
・コショウ・・適量
・片栗粉・・適量
・コチュジャン・・5g
・料理酒・・50g
・ごま油・・・適量
【野菜ナムル】
・セロリ・・・20g
・赤パプリカ・・・20g
・水菜・・・20g
・ごま油・・・適量
・塩・・・適量

・ごはん・・・180g
・半熟たまご・・1個
・韓国のり・・適量
【コリアンチキン】
(1)鶏モモ肉を一口大にカットし、塩こしょうで下味をつけ片栗粉をまぶしておく。
熱湯でボイルしてザルにあげておく。(チキンと野菜のトルティージャと同じ工程)
(2)コチュジャンと料理酒をフライパンに入れ加熱し沸騰したら、(1)のチキンを入れ水分がなくなるまで炒め煮にして、仕上げにごま油を加え火を止める。

【野菜ナムル】
(1)野菜はそれぞれ千切りにし、塩を加えレンジで約1分(家庭用レンジ)加熱した後、ごま油を絡めておく。

【盛りつけ】
お弁当箱に、ごはんを入れナムル3種を盛りつける。
コリアンチキンをのせる。
別容器に半熟卵と韓国のりを入れ、食べる際にのせていただく。
(手作りでもできますレシピ)
半熟卵・・・熱湯1000ccに水200ccを加え生たまごを入れて12分で完成。
韓国のり・・・表面にごま油を薄く塗り、塩を軽く振り火であぶる。
ポイント
【1】片栗粉をまぶしてボイルする下処理で、チキンがふっくらし、コチュジャンともよく絡みます。
【2】レンジ加熱で簡単ナムルの完成。
【3】簡単手作り半熟卵と韓国のりをつければコリアン感アップ。

コリアンチキンのビビンバ風のせ弁
チキンと野菜のトルティージャのせ弁
野菜とお豆、メインのチキンにチーズ加えた、具だくさんトルティージャをごはんにのせたイタリアン親子丼スタイルのせ弁です。
レシピ
【チキンと野菜のトルティージャ】
・鶏モモ肉・・・60g
・塩・・・適量
・コショウ・・適量
・片栗粉・・適量
・コンソメパウダー・・3g
・水・・・50cc
・オリーブオイル・・10g
・たまご・・1個
・塩・・適量
・コショウ・・適量
・牛乳・・20g
・シュレッドチーズ・・10g
・アスパラ・・1本
 (レンジ30秒後、斜め切り)
・プチトマト・・2個
・ミックスビーンズ(缶)・・30g
・バジル葉・・2枚

・ごはん・・・180g
【チキンと野菜のトルティージャ】
(1)鶏モモ肉を一口大にカットし、塩こしょうで下味をつけ片栗粉をまぶしておく。
熱湯でボイルしてザルにあげておく。(コリアンチキンと同じ工程)
(2)コンソメパウダーと水を小さめのフライパンに入れ、沸騰したら(1)の鶏肉をいれオリーブオイルを加え、火が通るまで煮る。
(3)たまごを溶き、塩、コショウ、牛乳を加え、チーズ、野菜、を加えてよく混ぜておく。
(4) (2)のフライパンにオリーブオイルを加え、(3)を流し入れ、混ぜながら半熟状態になったら加熱を止め、余熱で火を通す。

【盛りつけ】
お弁当箱に、ごはんを入れ、粗熱がとれたトルティージャを盛りつける。
ポイント
【1】片栗粉をまぶしてボイルする下処理で、冷めてもジューシーなチキンに仕上がります。
【2】缶詰のミックスビーンズを使用し、アスパラはレンジ加熱することで、手間をかけずに野菜感をアップします。

チキンと野菜のトルティージャ
愛場 千恵子 愛場 千恵子
飲食プロデュース企業(株)クーニーズ・アソシエ所属
フードプランナー・栄養士
数々の飲食店・食品メーカー等のメニュー開発を行う。
美味しいものを食べている時と、お酒を飲んでいる時がいちばん幸せ。

BACK NUMBER
さんまがメインのおかずのせ弁 【 2009/10/01 】
海老がメインのおかずのせ弁 【 2009/08/27 】
鶏ささみ肉がメインのおかずのせ弁 【 2009/07/30 】
豚ひき肉がメインのおかずのせ弁 【 2009/06/25 】
豚ばら肉がメインのおかずのせ弁 【 2009/05/21 】


転職、一歩、前へ。フードスマイルネットワークが提供する
フード業界専門・人材紹介サービス


「FLAVO」の取材をご希望の方はinfo@f-s-net.co.jpまでご連絡ください。
掲載費は無料です。ただし、コラムとの整合性等がございますので、お受けできない場合がございます。ご了承ください。